新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
観光産業の夏。おそらくですが星野リゾートさんや、一休に掲載されているような1泊2万円前後にあるホテルに関してはGoTo問わず、隣接エリアを中心に戻ってきていると思います。

星野リゾートさんはマイクロツーリズムの提唱など業界のリーダーとして広報活動がコウをそうしたと思っています。

苦しいのは団体旅行を対象にした朝昼バイキングの1泊8000円〜10000円のようなホテルは厳しいのかなと推察します。

雇用維持も難しい中で、中途半端かつ法人比率が施設がどのように生き残っているかが問われているかなと思います。
星野リゾートの星野氏のインタビュー記事。
インバウンド比率が高かった星のや京都でも、
7月の稼働率を75%ほどまで戻せているとのこと。
有料記事ですが稼働率などの情報が参考になるのでPickしました。

記事中では消費者の中に「旅行してもいいか迷っている層」が多く、この層に「星野リゾートは歓迎している」ということをしっかりと訴求した点などを挙げています。
マイクロツーリズムも徹底して掘り下げていけば結果が出るのだと分かった。ホテルのビュッフェはどこも一斉にやめてしまったが、たしかにあれがないのは残念。思考停止に陥らず、やり方を工夫すればできるのだと実践で示す姿勢には敬意を表したい。日本の観光にはまだまだ力があり、単なる気合ではなく知恵と勇気で復活させていかなければならない、と改めて思う。
冷静に、人々のニーズとその可能性についてマイクロにアプローチを考え実行することで成果はついてくる