新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベラルーシ情勢の急転を受けて開かれたバカンスシーズンとしては珍しいEUの臨時首脳会議。同国と国境を接するポーランドなどが開催を働きかけました。EUは制裁に動きつつ、現時点では露骨な介入は避けてロシアを刺激せずその出方を見極めている様子。米欧露を巻き込みながら当面は予断を許さない状況が続きそうです
落とし所としては、ルカシェンコ大統領の退陣でコンセンサスが取れているようです。しかしルカシェンコ後に、欧米的に民主的な大統領が誕生し、ベラルーシを上手く回せるかは別問題となります。
EUはベラルーシの大統領選挙について、その結果を認めないとドイツのアンゲラ・メルケル首相が表明しました。
「われわれにとっては…同選挙で大規模な規則違反があったことは疑いの余地がない」と。