新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小売りの薄いマージンの奪い合いはエコシステムとして消耗戦になるので、Uber Eatsもそうですが、中長期的に見ればフードデリバリー専業から顧客データを使った水平(物品、書類、フリマ)あるいは垂直(自分でキッチンを持つ?)多角化での勝負に移行するのでは?なんて思います。
フードトラックのMellowは完全に別カテゴリとして見てもよいくらニッチトップをひた走っている印象。ガチのフードデリバリーの中では、タクシー領域で同じくソフトバンクグループが出資している陣営と戦っている身としても、出自が同じという意味でも、大見CEO率いるチョンピーを応援したい。渋谷にいる人ならチョンピーいいですよ。店揃えがとても良くて好き。
配達員のサービス品質が高いフードデリバリーは価格が高くても流行るでしょう。ちょっとしたレストランや割烹、料亭も使いやすい。

配達員がスーツに白手袋で届けてくれたら、料理の価値があがります。
フードデリバリー企業の資本関係図、纏めて頂きありがとうございます。なるほど、この図を見るまでSBGがここまで入り込んでいたとは全く想像してませんでした。本題とは異なりますが、こういう図示化というか見える化はNewspicks、ホントに得意ですよね。

このビジネスが今後も拡大するかどうかは、個人的にはまだ半信半疑です。イノベーター理論でいうと、自分自身、この分野はレイトマジョリティーで、まだ使ってみたいとは思いません。ファストフード自体、そんなに利用しないこともあり、利用店の拡大の成否がキャズムになるかもしれませんね。
デリバリーという切り口で取り上げられたのは初めてだったので話してて面白かったです。
顧客の手元までコンテンツが届くまでの仕組みやプロセスを抽象的に捉え、それぞれの体験がどうなっていくか、コスト構造の違いによって単価がどう決定されているのか。何事も抽象度を上げれば比較可能であるし、学びを得られます。

確かにデリバリーとはユースケースが違い、別ジャンルと言えるほどオペレーションも違いますが、こうして並べていただけることで見える面白さもありますね。
フードデリバリーのプラットフォーム側の収益化への懸念はやっぱり配送。密度を高めないと収益化が見えない中、サービス分散よりも集約した方が効率的である為、国内でも2社くらいに絞られると思います。
市場全体では、フードデリバリーは最終的に「ラストワンマイル」物流の「キラーコンテンツ」という位置づけになり、広い意味でのeコマースの一部になる。
今中国でホットなのは生鮮などの市場です。

結局、eコマースがニーズが高く、単価が高いものから徐々に下がっていく一つの過程のカテゴリーとも言える。

ユーザーとしては競合が多い方がいいプロダクトで安く買えるので、どんどん競争して欲しい。

経営としては、タイミングと方向性の見定めが非常に重要。大手に売るのか、ニッチに進むか、爆速で資金調達含めて大きくなって買収でバリューチェーンを買うか。

個人的にはチョンピーと大見さんを応援してます!
「巨人に挑む」、
インドのスタートアップの多くが直面している課題です。
大変参考になりました。
勝手な妄想ですが、ほかの巨大資本がこういうサービスのバックに入ってきて、スマホ決済みたく、三つ巴の勢力図になっていくのでは…と妄想します。
ドローンや自動運転が本格的に普及すれば市場は急拡大すると思います。
一方で、それまでは各事業会社は赤字垂れ流しで統廃合が続くと思います。
この連載について
アフターコロナ時代、できたての食事が向こうから届く世界が本格化している。今盛り上がるこのフードデリバリー市場をめぐり、日本ではUber Eatsや出前館が積極的に展開し、スタートアップ企業も次々と参入する。勝つのはどこか。最前線を追う。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.9 兆円

業績