新着Pick
855Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他の方もおっしゃっていますが「ヤバい」というのはミスリーディングと思います。ある意味資本主義の原点的な契約と思いました(この点UberやLiftがカリフォルニアで争っています)。ただ、逆に言えば報酬を中心にした契約のみで成り立っているので、会社への誇りとかブランドを守ろうという意識はどうしても希薄でしょう。ビジネスモデルとしては素晴らしいと思いますが、事故や不祥事に厳しい日本社会でどのようにかじ取りをしていくのか興味があります。
その昔、今は大手の一角と思えるくらい目にするようになった引っ越し会社で愚息がアルバイトの承諾を求めて来たので契約書を眺めたら「運搬時の破損の損害は本人が親と連帯して弁償する」という趣旨の記載があって、承諾は連帯保証の意味合いでした。故意や重過失ならともかく、契約はどう読んでも全ての補償を本人と親に求めています。実際の運用がどうなっているかは知らないけれど、その後ブラック企業という噂が出たことがあったようなので、かなりエゲツナイ契約を結ばせていることは間違いないように感じます。どんな高価な物を運ぶか分からない引っ越しでそれは無いだろうと断りました。専門的な技量なく職を求める立場は弱いもの。契約内容をしっかり理解することは重要です。くわばらくわばら・・・ (・・;
個人事業主ってそんなものでは?と思いましたが、それを考えたらUber Eatsは利益を抜き過ぎだろう、と思えてきます。

リスクを負う人が利益を得る、というのが当然の経済原理なので。(これを読む限り、技術提供しかしないUber Eatsが負うリスクは大きくないのでは?)
UBERはあくまでプラットフォーム提供者なので、それほど違和感は感じないかな。
働き始めるまでのプロセスもIT化されているのは、人となるべく交流したくない求職者にとってはありがたいのかな、という印象を持ってます。
アルバイトを始めるときの面接とか、コミュニケーションが苦手な人にとっては苦痛だったりするだろうし。
自由な働き方のオプションとしてのgigワーカーというのはこれからどんどん増えてくると思います。法律自体も時代に合わせてどんどん適切に変化して欲しいなという印象(そうすれば法の合間を潜るようなグレーな契約内容も無くなるはず)。
他方、配達員の自己の問題は無視できない問題ですね。あまりに時間的プレッシャーのある配送計画にしない等、事業者側の配慮が必要と感じます。
それまでなかった大規模サービスが勃興する時って、法律解釈が後から変わることって多いですよね。その法律変更の仕掛け側として笑う人もいれば、逆に翻弄されて涙する人もいる。このケースも、今の契約の建てつけだけを見ずに、大きなトレンドとあるべき姿に合わせて法律解釈が後から変わると思っていた方が良さそう。

そういう意味で、1990年代に勃興したオークションプラットフォームのアナロジーが似ている印象。当初、「オークションサイトは、出品者と落札者のマッチングをしているだけで、取引には介在していません」というのがプラットフォームのスタンスだったけど、偽物を落札させて逃げてしまういわゆる”オークション詐欺”が多発して被害を受ける落札者がたくさん出るようになり、「オークションサイトは出品者同様の責任を負うこと」になるか「プラットフォーマーが悪意のあるユーザの取り締まりに対して大きく投資を行うことで健全性を維持する努力を義務化すること」のどちらかを迫られて、後者に落ち着いた(結果、利益率は悪化した)ということがあった。

ここでも歴史は繰り返すか。
契約書の解き明かしで、配達員の立場がよく理解できました。本人の自己責任で解決しなければならないことが多いようです。

ただ、雇用契約であっても請負い契約であっても、与えられた責務を全うするというのが基本ですね。
今の配送員の委託費を考えると、1時間に3件回って最低賃金に近い数値ではありますが、今後のドローンへの挑戦や収益化に舵をきるときの委託費減などを考えると、自由ながら本業のように働くにはリスクある仕事だと思います。
タイトルの付け方が、完全に週刊誌レベルの低俗な煽り記事。
そして記事のまとめも、それこそ何の責任も取りませんというような、読む意味がなかったと思わせるまとめ。

これをオリジナルで出してるようじゃNewsPicksも長くないかもしれません。とても残念です。
Uber Eatsはリスク取らない割に高い手数料取りすぎ。飲食店から3割でしたっけ?

これだけ高い手数料でも赤字なのは、キャンペーンでばら撒きまくってるのが原因かも。キャンペーンを止めれば客数は大きく減ると思います。そもそもが高いし。

前から言ってますが、配達員の仕事は割に合いません。これが天職と思ってれば別ですが、他人を自己に巻き込むリスクが高い。

この分野が本格的に伸びるのは、ドローンや自動運転が普及してからだと思います。そうすると配達員たちは失業、、、、
この連載について
アフターコロナ時代、できたての食事が向こうから届く世界が本格化している。今盛り上がるこのフードデリバリー市場をめぐり、日本ではUber Eatsや出前館が積極的に展開し、スタートアップ企業も次々と参入する。勝つのはどこか。最前線を追う。