新着Pick
1199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"Pay"戦争とあわせて気になっていた"Eat"戦争。グローバルではUber × Postmates、JustEatTakeAway × GrubHubと買収が立て続き、資本力を駆使したスケールメリットの戦争となっている印象ですが、日本市場においてはどうか。

上記のグローバル戦争では、どの国というよりどの都市圏で#1もしくは#2のシェアをとるかの争いになっているので、日本市場においても、東京だけでなく他の大都市圏で熾烈なシェア争いになっていくのか。

"Pay"戦争では、意外にユーザー側は乗り換えが簡単で、かつ1番目のアプリに比べて2番目のアプリにとってのユーザー獲得コストが半分になる、という「後出しじゃんけん」が有効な稀有な構造という話を聞いたことありますが、"Eat"戦争でも後出しじゃんけんで猛攻をかけるサービスがあらわれてきたりするか。

東南アジアではGojekやGrabが、単なるフードデリバリーサービスではなくもはやスーパーアプリと化していますが、日本でも今後そのようなことが起こりうるのか。

などなど、気になることがたくさん。本記事もUber Eats Japanの戦略が丁寧に掘り下げてあって興味深かったですが、この後の一連の記事も楽しみな特集です
フードデリバリーをフィーチャーいただき感謝です。
日本では、まだまだ未利用者も多い中で、本当に地域に根付いた日常サービスとして認められるまでには、試行錯誤が必要なステージだと実感しています。複数のプレイヤーが切磋琢磨しあいながら、業界全体のサービスレベルが上がるよう努めていきたい、と改めて考えさせられる特集記事が楽しみです。
Uber Eats、一度使ってみると「便利さ」がよくわかります。日本では、コロナ下で需要を捉えて、注文が激増しています(2020年4〜6月は前年同期比で5倍増!)。日本でUber Eatsを引っ張る武藤友木子さんに、「便利さ」の裏側にある戦略を語っていただきました。

Uber Eatsはすでに、ローソンやファミマ、成城石井も一部の地域で対応中。今後、食品以外の配送も増えると「ネットスーパー化」していく可能性もありますね。

本日より5日間、Uber Eatsや出前館などが牽引するフードデリバリー業界の特集を組みます。あす・あさっては、以下のコンテンツをお届けします。

[8.25(火)配信]インフォグラフィックで読む業界の全て
[8.26(水)配信]出前館がLINEと狙う「新領域」
配達員の立場でコメントさせていただきます。

eatsパス(何回注文しても配達料月額980円)

ユーザーが遠方のレストランを(遠方だと割高な配達料を気にせず)注文しやすくなります。配達員の長距離配達が増えます。真夏の自転車配達だととてもキツいです。

同時配送(一つのレストランから同じエリアの二組のお客様に配達)

配達員の間で通称ダブルピックと言われていて、皆嫌がります。理由はレストランで二軒分の料理をピックアップして一軒目の配達は問題ないのですが、二軒目は問題が発生しやすくなります。特に一軒目の配達でユーザー不在があった場合、配達員はその場に10分待機しなければなりません(ルール)。二軒目のユーザーは配達が予定より大幅に遅れ、料理も冷めていしまいます。たいてい苦情に繋がります。私はダブルピックは必ず拒否しています。(その分配達オファーが少なくなるなどのペナルティはあると言われていますが、確かなことは分かりません。)
Uber eatsの日本での実績や今後の方針がよくわかるレポートです。このサービスによって、どれだけの人々が救われていることでしょう。

ライブエンタメ系の従事者や学生さんはギグジョブとして。飲食店やレストランは売り上げ確保のため。消費者は、自宅にいながら美味しい食事が楽しめる。

超高齢化の日本では、フードデリバリーはこれからますます必要になってくるでしょう。
UberよりUberEATSが市民権獲得しつつある日本ですが、
あくまで運送業ですね。
勤務先で発注し、帰宅を競って楽しんだりしてますが、それが楽しめるのは個が際だっているから。
ヒューマンタッチのある稀有な物流だと思う。
Uber Eatsのコロナ影響による事業成長は、個社としての業績以上に日本で今までほとんど存在しなかった「ラストマイル配送の自転車/バイクギグワーカー」を大量に創出した事にあると思います(これを他のプレーヤーがゼロから個社でやろうとするとものすごい投資と時間がかかるので)。今後、このギグワーカーを活用した多くの事業が出てきそう。
定額制は心理ハードルを下げるのに良い手と思いましたが、戦略論的には、同時配送の際の値引きという施策が一番気になりました。「フードデリバリー」と言っていますが、このビジネスは要するに「配送人員のマッチングサービス」なので、煎じ詰めれば配送人員の工数をいくらで売るのかがビジネスのキモ
そして、顧客密度、店舗密度を如何に上げられるかの「密度の経済性」が重要なビジネス。そして、これはコンビニの配送のように一台で複数の店(UBERの場合は客先も)を回れるようになれば一気に効率が上がります。注文密度があがり複数回れるようになることで一気に収益性は上がるはずですが、それを値引きで還元するというのは、儲けの原資を全て吐き出すということでかなり思い切った施策と感じました
それだけ「赤字掘ってでも市場拡大」ということで一貫している、とも言える気がします
店舗側も配達員側も複数のプラットフォームを併用できるから、エリアごとのサービス規模が競争優位に立つ上でまずは重要になってくる。

Uber Eatsの場合、一定の規模を確保した上でその「規模の優位性」を安定させる投資(ユーザへのサブスク、配送員側への手厚い待遇)を並行させていて強い。

競合はUber Eatsがテクノロジーによる効率化(記事にあるような同時配送など)を他の追随を許さないレベルで本格化させる前に同じ土俵に行けるかどうかが短期的な勝負。

もしくは規模以外の特徴を際立たせて、土俵を別に作るか。市場の規模と成長性を考えるとこれも十分あり得るので面白い。
Uber Eatsの日本トップが、出前館に限定したものではないが、他国で起こっているような統合の可能性を言及したことがポイント。
『そういう意味では、統合は選択肢としては将来的にありえると思います。』
この連載について
アフターコロナ時代、できたての食事が向こうから届く世界が本格化している。今盛り上がるこのフードデリバリー市場をめぐり、日本ではUber Eatsや出前館が積極的に展開し、スタートアップ企業も次々と参入する。勝つのはどこか。最前線を追う。