新着Pick
1962Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
登場人物が多く複雑な海運ビジネスが1分でわかるように工夫されています。
海運業界は「海事クラスター」と呼ばれるくらい関与者が多く、記事中以外にも多数の当事者が存在しています。

金融の視点から説明すれば、証券化商品のイメージと重なります。
「船主」は証券を発行するSPCならぬMulti-Purpose Companyのようなビークルで、船をレンタルする「海運会社」からのキャッシュフローを資金供給者である銀行等(証券化商品であれば投資家)へ還流する役割を担います。
このため、記事中で説明のある通り、船の建造発注時からキャッシュフローの流れを確定させるための当事者が確定している必要があるのです。

シップファイナンスというスキームで、複雑そうに思えるかもしれません。しかし、(余談ではありますが)シップヤードを地元に抱える伊予銀行は地銀でありながら、専門性に長けており、海事クラスターを追いながらシンガポール支店を開設(実際は駐在人事務所の支店化)を図ったりしています。
なかなかここまで詳細に解説してくれるメディアはありませんので、この記事を読めただけでもNewspicksをやってて良かったと本気で思いました。

道義的責任を言われると確かに保険でカバーされる以外のところについても補償を求められる可能性は高いし、一部報道ではWIFIを求めて進路を変えたことが原因とも言われており、そうなると過失は否定できないので、なかなか当事者にとっては厳しい負担になりそうな気がします。
<追記>記事と合わせてSchenkoppさんのコメントが必見!記事の一番の根幹をシンプルに理解でき、加えて実務家の方のコメントでさらに深く理解できる瞬間が一番嬉しい&楽しい!
Schenkoppさん:https://newspicks.com/user/121732
<追記終>

グローバル分業が進む中で、自分たちが知っていると思うことでもその裏側はとても複雑なことが多い。海運もそうで、それが分かりやすい。
下記のバルチックドライ指数のチャートを見ていただきたい。バルチックドライ指数は、今回座礁したバルカー船という種類の船をスポットでのレンタル費の指数(サイズごとにケープ、パナマックスなどあり、下記はその総合指数)。一番下の長期チャート見ていただくと、ピーク・ボトムで10倍以上と極めてボラが高いことが伺えるかと思う。
記事に、船主と海運会社でレンタル費が決まっているとある。どこまで決まっているかの詳細(最低ライン、期間、バルチックドライ参照するのかなど)は知らないのだが、スポットと長期レンタルは別とはいえ、こういう構造がある中でもものすごいボラがある世界。
https://chartpark.com/baltic.html
業界概観をわかりやすく、というのはNP得意分野ですね。海運業者にとってどの種類の船をどの程度自社保有するのか、傭船(レンタル)にするのかは大きな戦略変数。
どちらも一長一短ですし、そこに運賃の市況、船の市況、金利などなどが長期スパンで勝ち負けが決まるので本当の最適化はなかなか難しいですね
日本だと愛媛あたりの瀬戸内海に船主さんが多くいるので、そのあたりの地銀さんにとっては大きな取引先になっています
海運の基本がわかりやすいー。
続編あるのかしら?
ちなみに、金融的側面を掘っていくと、おもしろいのが、建設、海運、航空など、受注してすぐに渡せないし大きなものっていうのは、だいたいがお金の動き的にも類似すること多いし、そのあたりを学んでいくと、クレジット市場の見方とか、保険とかの勉強にもいいケーススタディになるはず。

特に、コロナ禍でなにかと話題の航空業界もこれを機にリース産業ふくめた裾野を理解していくと何がリスクでなにがドライバーになっていくのかもわかってくるかと思います。
マニアックなのにいろんな方がコメントしてくれてて非常に理解が進む記事とコメント欄。NPに求めてるのはこれですよ!
船舶会社のHP見てもあんまり業容がはっきりしなくて、こういう業界なのかなあと思っていたが、なかなかに複雑。
そもそも保険が生まれたのも船による貿易のリスクを分散するためでしたものね。(なので、貿易実務は基本は船荷に関する理解から始める)
パナマ船籍に関する解説もシンプルかつ分かりやすくて良い。
商船三井がプレッシャーをかけてるくだりなども面白い。

便宜置籍船制度は昔習ったが忘れてたな…
(関連で)

ちょうどJapan P&I Clubの記事があり、有料(まあまあ高い)だけど、どうしようかな。。
https://www.tradewindsnews.com/insurance/difficult-year-ahead-for-japan-p-i-as-it-reaches-new-milestone/2-1-858445

伊予銀行シンガポール支店の業容が、ここまでとは少し驚きました。
https://newspicks.com/news/5115546
素晴らしい良記事。
ここまで詳細な情報はなかなか得られない。


複雑な仕組みですが、これは不動産と似たイメージです。

造船会社(建設会社)
海運会社(サブリース会社)
船主会社(不動産オーナー)

新築のアパマンを建設するときには、空室リスクを抑えるためにサブリース会社を予め決める場合が多いです。
また、不動産オーナーは銀行と金商契約をしてから建設会社に発注します。

今回、賠償責任を負う長鋪汽船は、不動産オーナーみたいな位置付けですね。
とてもわかりやすかった。
企業の社会的責任を改めて痛感。

今回は日本企業が当事者だったため、日本企業も政府も出動しているけど、仮に今後沖縄沖で外国籍の船で同様のことがあった場合に、責任逃れをして当事者は来ずに日本政府と企業が処理を行うようなことも起こったりしないのかな。

この辺りはもう少し勉強したいところ。
この事故ですが,どうして日本のテレビはもっと大きく取り上げないのでしょうか.いわゆるワイドナショーとかも,ほとんど扱っていないのではないか(平日昼間のテレビは見てないので知りませんが).テレビさん,良いんでしょうかね.
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。