新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「女性が働きやすい」という評価基準自体が、不要となっていくといいなと思います。
子育てしながら仕事も両立できるという要素が大きいとすれば、子供を持つ男性にとっても働きやすい職場なはず。

女性の管理職登用も、女性だからといって過小評価・過大評価どちらもされるのではなく、フェアな評価がされた結果、男性と同じくらいの割合になっていくような社会になるといいですよね。ただその実現がまだまだ遠く、積極登用のフェーズすらもこれからというのが今の現実なのかもしれません。
女性が働きやすいはもうそろそろ古いかなぁと思います。全ての人が働きやすく、そして共働きしやすい企業ランキングというのが今の時代には最適ですね。

女性のみの手厚い両立支援、特に長期の時短はますます女性への家事育児の集中を高め、結果的に女性の管理職は育成されなくなります。
「働きやすい」って、最大公約数的にまとめると何だろうなとちょっと考えてみたのですが、おそらく「仕事にエンゲージできる」とか「職場でのストレスが少ない」「ライフサイクル・スタイルに合わせて働ける」みたいなことなのかな、と。だとすると「女性が働きやすい」は、男性にとっても働きやすい職場になる。

その上で「ジェンダー」に関わる問題は何かともう一回考えてみると「女性(男性)だから」という、いわゆる「アンコンシャス・バイアス」の話とやはり「セクシャル・ハラスメント」ではないか、と。

女性管理職の登用数を増やしたり、様々な制度を整備するなどの「外枠」を変えていくことは大切ですが、同時に「関係性」や「組織文化」「価値観」についての理解度向上や啓発を進めていくことも大切なんでしょうね。
ヤクルトさんは素晴らしい会社だが、願わくば会社に託児所あり、お母さんが送迎丸抱えしなくとも当たり前に近所に預け先があり家族共同、交代で送り迎えし、必要時はがっつり残業もできる社会でありたい。
この記事の背景には、社会全体で女性の家事育児の負担割合が圧倒的に高いという事実がある。私たちの子どもや孫の世代ではこのランキングの意味そのものがなくなっていきますように。
女性が働きやすいとされる会社でも、女性管理職が多いとは限らないのですね。
興味深い。 調査方法から、一般消費者にブランド認知が高く、身近なところに高評価が集まる傾向がある。 
また女性比率が高いところも。
管理職のなることだけが女性活躍ではなく、ライフステージに合わせて「女性だから」という理由だけで「諦めざる状況」を作らず「積極的にサポート」をする会社を評価したい。
もしそれが可能であれば、管理職登用のジェンダー間での差は縮まっていくはず。
弊社が17日発表した調査レポート「女性登用に対する企業の意識調査(2020年)」も、あわせてご参照下さい。

女性管理職割合は平均7.8%、前年から微増
~ 「女性管理職30%」目標を達成している企業は7.5%にとどまる ~
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p200803.html
安田さんが言及されている

「『女性が働きやすい』は、男性にとっても働きやすい職場になる。」

というのは私も意識してみていたところではあります。
以前いた外資系メーカーはそうでしたし、現在の大学法人というのも働きやすさはあります。制度だけではなく風土も大事です。とはいえ研究や校務も抱えられていたりする先生方は、大変そうなのですが。。。

働きやすさというのは感覚値ではあるものの、こういったランキングが公表されることで、制度や風土の改善に向かえばいいかと思います。

ひとり親なので、子育てとの両立というのは制度や風土が欠けていると個人に負担がかかるものなので。それはワンオペの人や介護がある人でも一緒かと。
女性が働きやすい企業1位のワコールさんですが「19年3月時点の女性従業員比率は86.3%に上っているが、意外にも女性管理職比率は22.6%」とのこと。
ちなみに男性が働きやすい会社ランキングも見てみたいです!
株式会社ヤクルト本社(ヤクルトほんしゃ)は、日本の飲料・食品・化粧品・医薬品メーカーである。乳酸菌飲料メーカーとしては国内最大手。国外売上比率は4割。海外では39カ国・地域に進出している(2019年8月時点)。 ウィキペディア
時価総額
8,877 億円

業績

ワコール (英語: Wacoal) は、京都市に本社を置く、日本の衣料品メーカーである。事業の中心は、女性用下着販売。 ウィキペディア
時価総額
1,280 億円

業績

イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,426 億円

業績