新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日も九州の西の東シナ海を中心とした高気圧があり、関東から西では北西の風によるフェーン現象が顕著に発生しました。浜松での41.1℃は2018年7月の熊谷の記録にならぶ日本での最高気温のタイ記録となります。関東から西の太平洋側を中心に最高気温は35℃以上となった地点が大多数で、内陸部では40℃近い気温となったところもありました。島嶼部である種子島でも35℃を観測するなど、国内のアメダスの26地点で歴代の最高気温の記録を更新しています。

この先も特に今週末にかけては上空の高気圧に広く覆われる日が続き、関東から西では猛暑の日が続きます。熱中症対策についても、引き続き注意いただきますよう、お願いいたします。