新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
修学旅行、教育旅行需要というのは、数少ない団体旅行需要であり、かつ、時期の分散化ができるということで、観光産業にとっては非常に重要な需要です。
一般のお客様というのは、夏休み、年末年始、ゴールデンウィークに集中してしまうため、それ以外の時期が産業としては「閑散期」になります。
そのため、気候はいいけれど、死の谷のような閑散期である5月中旬~下旬は、修学旅行ピークシーズンの1つです。ここは貸し切りバスもフル稼働。
一般のお客様は、GW直後はほぼ動かないから、修学旅行は非常に大切。
次は、9月10月11月の秋シーズン。気候はいいですが、まとまった長期休暇がないので、修学旅行で埋められると大変助かります。

今年は5月の修学旅行は、オールキャンセルです。秋に実施できるかどうか? ここが大事ですね。
個人的には、感染者の少ない山陰エリア、東北エリアなどに修学旅行を計画してほしい。中学生、高校生には、若干、しぶめなエリアかもしれないが、いいところが本当に沢山あります。
修学旅行で海外に行くトレンドもありましたがそれが無くなったので地方としては修学旅行の候補地としてビジネスチャンスを掴む機会かもしれません。定着すれば今後もリピーターになるので。
高校や大学の運動部の寮でクラスターが発生してしまったことが、大きな原因だと思います。

「若い学生たちの集団行動」は危ないという印象が強くなったのでしょう。

実際、修学旅行を実施して数日間でも集団行動をすれば、クラスターが発生するかもしれません。

大事な生徒たちを預かる学校側が保守的になるのは、やむを得ないのではないでしょうか?

クラスターが発生すれば、学校の評判に傷がつく恐れもありますから。
動向を気にしているもののひとつ、修学旅行。
関西は予約振替で好調とのことで、Go Toトラベルもプラスに影響しているとのこと。
しかし記事中にも触れられている通り感染拡大の影響によりキャンセルも出始めているそうです。

旅行会社はなるべく実施の可能性を残しておきたいでしょうから、現時点では仮押さえ的な予約が多い(感染拡大によっては他地域への振替や再延期、最悪の場合はキャンセルされる可能性があるという意味)と思われますので、過度に期待しない方がいいかも知れません。
東京への旅行がまず難しくなったので、関西に集中しやすい状況になったのは間違いありませんが
これだけ東京が諸悪の根源?かのような扱いをメディアで受けている中、東京の学校は、旅行先の選定にも苦労しそうです
厚労省のクラスター事例集に観光バスのリスクが出てました。
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000654503.pdf

長時間同じ席に座り続けるので感染者の後ろの席にいるだけで感染のリスクがあります。しかも修学旅行。ホテル・旅館は相部屋。学生は大きな声で騒ぎます。

修学旅行は大きなイベントですし、動くお金も大きいのでおいそれと中止にはできません。しかしこのまま強行すれば全国各地で「修学旅行クラスター」が発生するのは止められないと思います。各自治体の教育長は勇気をもって今年度の全面的な中止を検討していただきたいです。学生は大丈夫でも引率する教員・家族に感染のリスクが広がります。
小学校6年生の娘の場合は6月に予定されていた修学旅行が9月に延期となりました。異例の8月上旬に説明会がありましたが、緊急事態宣言が発令されると中止が決定するものの、その場合にも何とか冬にでもできるように考えているそうで、できるだけ行う方向で話が進んでいます。今年度存在する唯一と言っていい行事ですので、なんとか行けるといいのですが、体調が悪くなっても行けないので、健康でなくてはなりません。

バスでの移動となりますが、一クラスにつきバスを2台を準備するとのこと、宿泊も通常よりも5部屋多く予約しているものの、このあたりは国から補助金が出るため料金の上増しはなく例年通りの予算で済むとのことです。ただし、キャンセルとなった場合はキャンセルの状況に応じてキャンセル料がかかってしまう場合もあるとのこと、そのあたりも了承した上でお金を払いました。

ルートを縮小するものかと思っていましたが、いつものコースで僕らの頃とあまり大差ないようでした。バスレクもできなかったり、あまりワイワイ騒いで行くこともできず、マスクしながらの行動となりそうで、残る写真がどうなるのか気になりますが、これだけ外出が制限された年だけに行って来られるだけ感謝なことなのかも知れません。まだ二週間ちょっとありますが、無事に行って来られますように。