新着Pick
395Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経電子版に食べチョクの資金調達と物流構想について取り上げていただきました。

月間流通額が35倍に、産直ECでアクセス数No1に急成長した背景の思いについてnoteにまとめたので良ければ合わせてご覧ください。

▼食べチョク怒涛の5ヶ月間と、生産者さんとの約束
https://note.com/akirina/n/n844d4acd52dd

7月末より開始したテレビCMも大きく生産者さんの売上増に貢献しました。

▼社員約10人で3か月。テレビCMに挑んだスタートアップの記録。【7000字】
https://note.com/buduman/n/na8586ecfb530

今回の資金調達、ヤマト連携を皮切りに、より生産者さんが出荷しやすい仕組みを構築していきます。ご期待ください。
「安くていいもの」を消費者は求め続けます。普段使いの農産物においてこだわりや農法、生産者とのつながりなどを重視する人は全体の1%に満たないと思います。
いいもの、の基準はほぼ直感に過ぎないので移ろいやすいですが今のところ「新鮮」「地場」一部「有機」「減農薬」というところでしょう。

食べチョクは現在は農林水産省が送料を負担ということで安さが可能となっていますが、それがなくなったらどうなるのか?
ヤマトとの連携は類似サービスポケットマルシェも初期からすでにやっていました。
そして取扱量が増えれば品質コントロールは難しくなっていく

あとは、クックパッドがローソンなどと連携して始めている「クックパッドマート」(最短で朝8時に注文すればローソン内など近くの冷蔵庫で夜には食材を受け取れるサービス)が競合となるのか。
はたまた地場野菜の地域流通に新しい形が誕生するのか?(ウーバーイーツ的な)

プラットホーム型の生産者、消費者直接取引が農産物流通のあり方やライフスタイル変えていくのかどうか注目しています。
この辺りは農業ECのShopifyのような動きに感じますね。供給者側のエントリーの負担をいかに軽くしていくか、というのはマーケットプレースの供給側を拡大していく上で重要な取り組みかなと感じます。

>そこで同社は販売手法に優れた生産者を参考に、価格設定やサイトに載せる写真の撮り方、コピー文句などを助言する仕組みを整えた。良質な食材の生産にできるだけ注力してもらうためだ。
5月からはじまった農水省の送料無料キャンペーンが大きい。Amazon、楽天などは別として小規模ECは送料負担がとにかく大きい
昨年同期比で50倍は凄い。コロナの影響が大きいとはいえ、突如発生した上昇気流に乗れたには成功を信じてコツコツ準備をしてきたからだろうと思います。

調達した資金を物流に投じるというのも地味だけどきちんとした狙いがありそうで素敵。一次産業のDXは難易度高いだろうけれど、社会的意義も極めて高い、応援したい取り組み。
楽天でも「生産者直送」の農産物や魚介類をたくさん取り扱っています。

途中までしかニュースを読めなかったのですが、楽天よりも優位性があるのでしょうか?

それとも、楽天でも同様に取扱量が増加しているのでしょうか?

この分野ばかりは、Amazonは圧倒的に劣勢ですね(^_^;)
このような新興ビジネスが伸びるためにも、特に中小企業の規制緩和を進め、市場の新陳代謝を促したいですね。これこそコロナ危機から生まれるチャンスです。
配送伝票の自動化は相当喜ばれるだろうな。
共同出品も良さそう。
オイシックスもミールキットで新しい価値を生み出したように、セットにすることで新しい価値を生み出せるとより需要も喚起できる。
コロナで一気に追い風が吹きましたね。これから日常でもいかに使ってもらえるかが大きな課題になってくると思います。
「生産者は飲食店の営業縮小や休業で食材が余り、消費者は「巣ごもり消費」で家庭で調理する機会が増えた。」

これDXでバックヤードとフロントエンドが直でつながり、これまでいた中間層が全くいらなくなるという流れを如実に表してますね。おいしいものは外に食べに行くのではなく、新鮮な食材を産地直送で手に入れて家で食べると。

ともすれば寝るだけだった家というものが、オフィスの機能やレストランの機能、あるいはテーマパークの機能までも代替し始めているのかもしれません。家の役割が大きく変わっていくのだと思います。