新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子どもならではの発想は絶対に大人を超えてきます。何事もひたすら突き詰めれば仕事になる時代、「言葉で定義されてないから」「前例がないから」といってそのクリエイティビティの芽を摘むことのないよう、学校や家庭で大人たちが寛大にサポートしたいですね。
記事の中で孫正義育英財団も紹介いただいてますが、財団では才能ある子供たちがより羽ばたける環境を提供してます。
ひとりの天才が世の中を変える可能性を信じてます。
それもいいけど、90歳の爺さん婆さんが、すごい研究をしたとか。も取り上げてほしい。かって、江戸時代の伊能忠敬みたいな。
落合陽一さんが5年前の教員向け基調講演で,「インターネットはものすごい下駄を人間に履かせているので、ステート・オブ・ジアートの最先端なものをずっとやり続けないと、もはや使いものになる人材なんて出来ないのですよ。」と言っていました.

インターネットで相当な論文にも研究にもアクセスできます.
つまり,僕たちはいとも簡単に欲しいと思う情報をインターネットから得ることが可能です.

また,先日の「石橋貴明,薪を焚べる」に出演された虎屋会長・黒川光博さんは,今の社長である息子さんに対して「僕たちが考えられないほどのスピードで,彼は新しいことを吸収するので,僕たちは邪魔をせず,見守るだけ」という趣旨のことを話されていました.

少なくとも前例だけであらゆることを判断しようとすると,若者の才能や没入することを心から応援できず,結果的に彼らの才能を邪魔するだけになる.

となると,教育の場である学校の必要性は?
オンラインで様々なことができると気づいたからこそ,学校の必要性の再定義が必要と言える.
決してなくてもいいということではない.再定義ができる学校こそが生き残る.
彼らがこれからの時代を作っていくので当たり前かもしれませんがそれにしても内容が高度ですね!
教育のシステムもそうだが、親や学校の教師を含めた周囲の理解がいかに大切か
子供の個性、ある種の天才を学校の物差しで測って、押し潰していく教育が未だに蔓延っています(話を聞きます)
こういった子供たちが伸び伸びと個性や才能を生かせる社会にしていくことが、今の大人たちの責任であると考えます
別の研究でも、今の若者世代は「世のため人のために役立ちたい」と考えている人の割合が多くなっています。彼らの発想力を支援していくような社会になっていけば若い世代から多くのイノベーションが生まれる可能性があります。

残念なのは公教育やオンライン環境への投資が先進国最下位だということです。予算をしっかり次の世代に回して欲しいと思います。
記事タイトルで期待して読みましたが、書籍の広告でした。

いくつかの断片的な事例を挙げて、書籍を読むよう誘導している記事です。

それぞれの事例に関する考察も浅いので、記事タイトルで期待したような内容は得られませんでした。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まさに型に捕らわれない未来志向の投資。参りました。