新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これで衛生面がより強く求められる飲食店などでの現金利用がさらに減っていくのではないでしょうか。

飲食店の多くで、店員がレジで現金を扱った後に、手洗いや消毒をせずに、配膳や調理をしている場合があります。

これまで現金主義が根強い日本ではなぜか、この辺りの衛生面に対してルーズでしたが、今後は衛星管理の側面からも、現金を扱わないという店舗が増えていくのではないでしょうか。
頭がキャッシュレス前提に切り替わると、以下のように考える

・コロナ関係なしに現金は誰が触ったか分からないものなので、綺麗ではない
・現金払いにはポイントがつかない。キャッシュレスでポイントを有効に使えば、月の家計が30万円だとすると、全部2%還元なら6000円のポイントになる。
・外出時に財布を探すのは手間
・外出中も、たまに「財布なくなってないよな」ってチェックするのは手間
・小銭が増えると凹む

など、現金は面倒なものと思うようになった。
もちろん完全キャッシュレスだと
・割り勘しづらい(最近はLINE Pay増えてきた)
・現金しかつえない店に入れない(特にラーメン屋)
・大地震や大停電などのリスク
などはある。
コンビニでのレジバイトを学生時代含め長年やっていたので、現金の衛生面の悪さは、コロナ以前から問題視されるべきことです笑
マスクを大量に購入する人や衛生面を機にする人が、現金払いというのがおかしいと思える時代になってきたのは感慨深いです
キャッシュレス決済がニューノーマルの一つになっている。
逆に言うとこの機にキャッシュレスを導入しない人は一生導入しないんだろうな、とも思ってしまう。
キャッシュレスに慣れると、今まで当たり前だと思っていた、いちいちATMでお金を下ろして財布に補充することの無意味さに気付く。

現金に触りたくないというより、圧倒的なメリットがあるから。スマホで決済する際の唯一の弱点は、たまたま電波が悪くなった瞬間に当たると、アプリ起動でまごつくことくらい。
コロナ禍の影響を受けたリモート志向、タッチレス志向の強まりが、キャッシュレス決済の普及を促した側面はあるだろう。そこで使い始めた人たちはアーリーマジョリティに及んでいる可能性が高い。使うには何らかの理由づけ、動機づけが必要な人たちがコロナの影響で使ってみたところ、紙幣や硬貨の出し入れの面倒がなくて実は便利なことに気づいたというところか。キャンペーン終了後も利用をやめない向きが多いあたりにそれを感じる。
【経済】「間もなくお札が使えなくなります。不要なお札を引き取ります!」という新手の詐欺が登場しそう。