新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近の高断熱住宅で寝室が6畳程度でさほど広くないのなら、サーキュレーター無くても良い。下手に風をかき混ぜると身体に冷風が当たってしまうので、私ならサーキュレーターは使わない。

就寝前にしっかり冷やし、空間だけでなく壁や寝具に冷気を蓄えさせること。
就寝前には設定温度を1度下げる。就寝時にはそこから1度上げる。

その室温を維持する事が重要。

エアコンは風量自動。
風量弱くすると結果的に室温変動が激しいので、体温調節で疲れてしまう。
ただし、風が身体に直接当たらないように風向きを調整する。

できればお腹だけタオルケットや薄い布団を掛けておく。

コレでいい。
サーキュレーターを使うようになってより快適になった気がします。
やはり室内の温度、湿度を均一に保つことが大切なのでしょうね。
株式会社ウェザーニューズ(英語: WEATHERNEWS INC.)は、日本の気象情報会社。 ウィキペディア
時価総額
879 億円

業績