新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポピュリズムへの当否はあります。また、トランプ氏の場当たり政策は犯罪的でもありますが、この恩赦は大歓迎です。彼の告発は、アメリカだけではなく、デジタル専制社会への重い告発です。その意義を認めてほしいです。ただ、実現は難しいと思います。

追補
私のスノーデン氏への思いを私が連載した「令和のジャーナリズム同時代史」最終回から引用します。

「米国家安全保障局(NSA)などに所属していたスノーデン氏が告発先として選んだのは、ブラジル在住のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルド氏でした。その経緯は「暴露 スノーデンが私に託したファイル」(新潮社、14年5月)に詳しく記されています。スノーデン氏は、ニューヨーク・タイムズなど米有力紙に告発しても、米政府に取り込まれ握りつぶされると懸念します。そこで、どんな圧力にも負けないジャーナリストとしてグリーンウォルド氏を選び、極秘ファイルを託そうとします。グリーンウォルド氏は、デジタルに不慣れで暗号化通信ができず、スノーデン氏は身元を隠しながら懸命のアプローチを続けます。悪戦苦闘の末、やっと極秘ファイルを手にしたグリーンウォルド氏が記事を投稿したのは、英国のガーディアンでした」

彼の命がけの告発には胸打たれました、
なんで今頃スノーデン?大統領として国家機密を暴露した人物をどう扱うのか、ということなんか考えず、単にオバマ批判に使えるか、自分の選挙に使えるかという点で悩んでいるのだろう。
トランプ以前の共和党でスノーデンを恩赦するということを決める人はいないでしょう。
 スノーデンは、徹底的に小さな政府のリバタリアンですので、軍事力を重要視する共和党とは異なります。透明性を重要視するミレニアル世代のシンボル的存在でもあります。若い人は彼は無罪と考え、年をとるにつれ政府に対する反逆者と考えます。
 恩赦となると、まさに、元民主党のトランプだからこそできることになります。
 ターゲットを考えた選挙戦略が見えてきました。
スノーデン氏の恩赦検討の報道。大統領選挙に勝つために検討しているのだろうか。国家の安全に関わる犯罪を犯した人を恩赦することになれば、これは過去の恩赦の歴史のなかで突出した事例となる。大統領選挙まであと2か月半もあるから、突出した話はまだまだ出てきそうだ。話をリークして世論の反応を見て、否定的なら引っ込めるといったこともあるだろう。アジアに対する外交の分野でも。切った貼ったのビジネスをしてきたトランプさんの手法だ。
スノーデン氏の暴露は市民にとって意味のあるものだったと思うが、なぜトランプ大統領が恩赦を与えようとしているかよく分からない。大統領選に有利と考えているのかもしれないが、CIAや行政府内部からは抵抗があるだろう。トランプ政権中の個人情報の収集が暴露されたら彼に追っても不利になる。
トランプ大統領は、ロジャー・ストーン氏をはじめ、これまで自分の仲間に対してのみ恩赦権を用いいて来た。しかし、選挙を前にし、これに対する非難をかわすため、大きなニュースになるような恩赦を考えたのだろう。実際に恩赦するか否かはともかく、恩赦の話題がスノーデン氏に向かえば成功だという次第である。
米世論はスノーデン氏を裏切り者と見るか、愛国者と見るかという評価で真っ二つのままだ。現状のままだと、氏が米国に戻った場合、機密漏洩の廉で懲役数十年は下らないと言われている。それを恩赦の対象として検討しようという話のようだが、これがトランプ大統領の選挙活動にどう資するのかがいまいちよく見えてこない。
民主党党大会でメディアが集中する直前のタイミング。トランプ氏にとってはメディアの争点を少しでも奪えれば御の字。
バイデンさんご子息の何かをご存じなのでしょうかねぇ
「勝つためなら何でもやる」…この姿勢のブレなさ加減は半端ないですね。

「大統領というよりビジネスマンだ」…直接、話したことがある方々が、口を揃えていう言葉の意味がよくわかります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません