新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国連安全保障理事会は、アメリカの提案を圧倒的大多数の反対で却下し、イランは高々に勝利宣言を行った。この結果、武器禁輸措置は10月18日に終了することになる。トランプ大統領は、自らの11月の選挙を念頭に、一方的な制裁復活手続きに走るだろうが、それは安保理外交そのものの不安定化を招きかねず、他の理事国にはこれに付き合う動きはない。
イランだけでなく、中露や欧州も国連イラン制裁を復活させるスナップバックをアメリカが進めることは出来ないと見ている。それでも強行しようとするトランプ政権。結果が問題なのではなく、イランをいじめている姿を見せることが重要なのだろう。