新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
運動を日課にされている方は、熱中症対策のため十分な予防策を実施してください。

まず、予防の基本は「暑さを避けること」ですので、運動の時間帯として涼しくなる夕方や早朝を選ぶのが良いと思います。しかしそれでも暑いと思うので、下記の点についてもあわせて対策をお願いいたします。

外での運動を開始する4〜6時間前から水分補給を始めてください。最低、体重kg×6ml(ペットボトル半分強のイメージです)の水分摂取を2〜3時間おきに、運動がはじまる前から、運動がはじまったあとにも続けます。

塩分摂取は必ずしも必要ではありませんが、しても良いです。

次に、「運動前からの」身体の冷却も有効です。氷枕や首もとへの冷タオルを運動前から使い、水分補給の休憩のタイミングでも常に冷タオル、氷枕で首もとを冷やします。

また、汗でびっしょりになった衣服を着ていると熱放散が悪くなるので、運動服がびっしょりになったら着替えた方が良いです。休憩のたびに着替えられるように、運動をされる際は着替えをいくつかご準備ください。
朝6時半の時点で30℃超えとは…。25℃の熱帯夜を超える新語ができそうな予感…。確かに昨晩も全く涼しくなかったです。昼間が40℃近いと命の危険を感じますね。喉が乾く前に水分補給を心がけたいです。
それでもマスクして外をランニングする馬鹿とかいるんだろうな
普段はクーラーの環境下で働いていて暑さになれていない方が、休日に外で長時間いるとそれだけで熱中症のリスクが高まります。今年は7月がそこまで暑くなかった分、この時期の熱中症が非常に増えています。お気をつけください。

日本救急医学会をはじめとした学術団体から、熱中症対策に関する提言が出されています。
https://www.jaam.jp/info/2020/files/info-2020601.pdf

①屋内においては、室内換気に十分な配慮をしつつ、こまめに
エアコン温度を調節し室内温度を確認しましょう。
②マスク着用により、身体に負担がかかりますので,適宜マスクをはずして休憩することも大切です。ただし感染対策上重要ですので,はずす際はフィジカルディスタンシングに配慮し、周囲環境等に十分に注意を払って下さい。また口渇感に依らず頻回に水分も摂取しましょう。
③体が暑さに慣れていない時期が危険です。フィジカルディスタンシングに注意しつつ、室内・室外での適度な運動で少しずつ暑さに体を慣れさせましょう。
・・・
私はフィリピンのセブ島にいますが、日本の夏はフィリピンより熱いと思います。湿度が高いからでしょうか、不快指数は間違いなく上です。
今年はありえませんが、この時期に日本からセブ島に来ると皆さん仰います。
今日は太平洋高気圧の中心が九州の南にあり、その周りを回る風の向きの関係で、東海から近畿、四国にかけ広く北西の風となり、山を越えた気流によるフェーン現象が発生しました。
浜松の気象台では15:18に40.2℃の最高気温を記録しており、これは1882年の観測開始以来およそ140年間の記録を更新しました。また同じ浜松市内の内陸にある天竜では40.9℃の最高気温となっており、こちらも1978年の観測開始以来最高となりました。この他は高温記録の常連とも言える、岐阜の多治見で39.6℃、高知の四万十で39.4℃、山梨の甲府で39.2℃などと関東から西の各地では最高気温35℃以上がもはや普通、というような状態となりました。

今後も太平洋高気圧が関東から西を広く覆い続ける予想となっており、少なくともあと一週間は同じような猛暑が続いてしまいそうです。熱中症による搬送者数も、梅雨明け前は一週間に3000件前後であったのが、梅雨明けした途端に6000件を大きく越えて倍増しています。今日も都内では100件以上の搬送があったと報道されており、死者も増加するのではと心配されます。
毎度のように言うようですが、熱中症は1シーズンで1000人規模で死者が出る、現代にあっては最大の死者を出す気象災害ということもできます。見方によってはコロナでの死者数に匹敵するともいえ、決してひとごとではありません。親戚やお知り合いとも声を掛け合って、部屋でエアコンをしっかりかける、喉が乾く前に水分補給をするなど熱中症対策についても気を配っていただきますようお願い致します。
今朝は冷房をかけていたのに、汗を随分かきました。
ということで、洗濯機がフル活動しています。

午後からは雷雨と昨日から予想が出ていたので、朝寝坊の私が珍しく日曜日に早くから起きました。
→どうせ朝から暑いかと💦💦💦

午前中に、洗濯、布団干しを終えて、買い物も済ませて、午後は家でのんびりします。
運動は昨日ジムで筋力トレーニングをしたので、今日は家でヨガでもやろうと思います。
健康維持のために1日1万歩以上を自らに課して、70日以上続いているので途絶えさせたくないのですが、さすがに厳しくなってきました。商業施設など冷房の効いた屋内中心に歩くようにして、残りは日が落ちてからに回しています。イベント開催中の公園で見かけたキッチンカーなど出店のスタッフのみなさんもしんどそうでした。コロナ対策と熱中症対策の二正面はつらいですが、水分補給と冷却、休憩が大事ですね。
千葉県の君津・館山でロードバイクのグループライドをしてましたが、気温もさることながら、日差しの照り返しなどで、気温表示が42度に達してました。
朝の6時から動き始めたので、何とか熱中症一歩手前で踏み止まりましたが、えげつない暑さでした。
外出時、人との距離をきちんと取れれば、マスクを躊躇なく外しましょう
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア