新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに、と思うフレーズが冒頭に登場しました。

「ライバルがいない事業は失敗する。ライバルがいない=お客様が存在しない、から」

ライバルはいないけど今後間違いなく需要が生み出されそう、そんなマーケットを自ら作り出していくにはどうしたら良いのかについて思慮を巡らせながら読みました。
よほど未開拓ゾーンを切り開きたい熱意があるか、マーケットが組成されるまで耐え切れる資金力がない限りはライバルが多い事業にチャレンジするのが良いかもしれないですね。
ライバルの存在とマーケットは、密接に関係しているのですね。改めて考えさせられました。

ただ、マーケットを創っていく(育てていく)のもやり方としてはあるのかなと思います。
先日のNPの千本さんのインタビュー記事にあった0.5歩先の例が記事に書かれていました。iPhoneももともと携帯電話のマーケットがあったことが大きかったと感じます。当たり前のことですが、改めて確認しておきたい大切な点と感じます。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン