新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、日本の対中姿勢に変化が起こらないかと懸念を示しています。そのため、強硬な姿勢を示して日本をけん制すると同時に、尖閣諸島問題を表に出さないように配慮も見せるのです。ただ、中国が、日本は中国を見限ったと認識した時は、尖閣諸島周辺に大量の漁船が押し寄せるでしょう。
中国は、国際法をよく研究しています。最初から、軍事力を行使して尖閣諸島を奪取したりしません。まずは、大量の漁業に操業させ、それを中国コーストガードが管理することによって、この海域は中国が管理して経済活動を行っているという既成事実を積み上げるでしょう。しかも、ただの経済活動ではなく、海上保安庁に武器を使用させるよう、挑発行為や暴力的な行動をとると考えられます。日本が先に武力行使したと主張するためです。
中国の漁船の動静も、中国の対日認識を図る一つのバロメーターになり得るということでしょう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン