新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うちも昨日プレスリリースだしましたが、テレワーク率98%(出社率2%)になっています。今後、コロナが落ち着いたらもう少し出社は増えるでしょうけど、「必要なら出社」という感じになるんじゃないかな。少なくとも僕はそうします。

絶対に紙とハンコだった稟議書などの書類もシステム化されて、凄い変化。(総務の皆さんありがとうございます!)

出社前提に戻ることはなさそうだなと思っていますし、個人的にも出社前提に戻したくはない。個人の働き方の好みに選択肢が現れたのは、社会全体としてとてもよかったことだと思っています。

それからBCP担当としては、来る台風シーズンが怖くなくなりました。これはもう本当に嬉しい話。
「明日ヤバイ台風が来るぞ!」って時に、会社からアナウンスを出すわけですよ。気を付けてくださいねの場合もあれば、時間は6時とかだから何も通知を出さない場合も。一番判断に迷うのは「明日は極力外出しないで。命を最優先に」って場合。この場合、普通はNo Work No Payなので、無給での休みになります。テレワークは禁止だったから。各々の有給休暇を充てることが一般的。有給がない人には無給休暇を付与するか、欠勤扱いにするか。でもそれって一人一人の社員の感情的に納得しづらい部分もあるじゃないですか。だから通知を出すか出さないかの判断を人事部長や役員と議論します。でもそれも台風の強さが変わったり進路が変わることもあって、かなり流動的。

ということで、ヤバめの台風が接近するとBCP担当の私はソワソワして大変でした。

それが「台風がきているのでテレワーク推奨」で良くなる。問題は絶対出社しないといけない人の対応だけになる。社員の命を守るために、テレワーク環境が整備されたことはとても嬉しいことです。
2017年に米国ヤフーやIBMは在宅勤務制度を廃止してます。この頃に1度はブームになったものの、検証したら問題ありとして、廃止したのです。しかし、上手く運用するためのツボも同時に分かりました。このツボを実現できる企業は、今も在宅勤務再度を続けていますね。それは一言で言うと忖度や情実人事のないジョブ型雇用の企業です。メンバーシップ雇用である普通の日本企業では、相当に無理があるでしょうね。2017年のニュースのリンクは以下です。正に今、参考になると思います。
https://news.yahoo.co.jp/byline/yatsuzukaeri/20171123-00078454/
弊社も基本的にはテレワーク推奨で、リモートで働いていますがテレワークができる業種業界は一定限られていますのでフラットに推奨するのは難しいかなとは思います。サービス業などはもちろん難しいです。

ただ、「自宅でもできるデスクワークなのに、なぜ会社にいかなければならないのか」という疑問をいだき始めると離職やロイヤリティ低下に繋がります。

重要なのは、在宅でできる仕事は在宅でも試してみつつ、
コロナという恐怖に対して無理強いをしないことだと思っています。

テレワークできる会社は、どんどんして、地元や地方に帰らざる負えない社員の採用などしていくと優秀な人材を獲得できて会社としても成長することでしょう。
テレワーク継続が75%超え。主要企業対象のアンケートという点を考慮しても高い比率。テレワークをやる・やらないという二軸ではなく、ある程度はテレワークを軸に組織をつくっていくのが今後のスタンダードになりそう。
大企業の回答とのことで、この結果自体は変化を感じます。
一方で周りを見ると(特に通勤電車)この回答の通りの実感はそこまでないので、制度づくりと実際の運用がさらに進むことを期待したいと思います。
会社に来ればいいという悪しき慣習がなくなるキッカケになればいいなと思います。
課題にあがっている「従業員の意識」というのは具体的に何なんだろうか?この辺りは信頼関係が築けていれば大きな問題がないと思います。従業員だけの問題なのだろうか。
私どもの会社でも新型コロナウィルスの感染拡大有無にかかわらず全面的にテレワークを導入しています。
これまで少しずつ進んできたDX(デジタルトランスフォーメーション)は、幸か不幸かコロナにより、急速に加速します。
リモートワークになると、人事評価は時間やプロセスなどから、成果による評価に大きく変化せざるを得ません。
これから1年~3年の短・中期的に、withコロナをピンチではなく、チャンスと捉えることができるかが個人、企業の大きな分水嶺だと考えます。

グラビスアーキテクツは、withコロナの社会を前提とし、かつコロナ収束如何に関わらず新しい働き方を導入し、ワークプレイスにとらわれないNew Normalな働き方に全面的に切り替えていくこととした、「Work Style Renaissance for New Normal」プロジェクトをスタートしました。

これは14世紀のヨーロッパを襲ったペストの流行により、教会、領主の2つの権力の失墜、人間の解放を意味するルネサンスを手本とし、これまでの日本企業の古いワークスタイル文化から個人を解放し、個人の価値の最大化を図る改革と見立てたプロジェクトです。

これまで出勤することを前提とした働き方・制度を抜本的に改めます。これはコロナ感染などの予防もさることながら、パフォーマンスの最大化を目的しています。

出勤・通勤は手段であって、目的ではないです。あくまで目的は「クライアントサービスに対する価値の最大化」と「社員の人生の充実」です。
もちろん、これまでの日本の企業の良さである、オンサイトによる血の通ったコミュニケーションについても大切にし、すべてはクライアントファーストのために時間というリソースを最大限活用する「ハイブリッド型でのワークスタイル」を志向します。この取り組みを「Work Style Renaissance for New Normal」プロジェクトと定義致しました。
これは本当にコロナが時計の針を良い意味で早めた一つのことだと思います。
弊社の飲食店本部機能はそもそも特に出社前提でやっていなかったのでそれぞれマチマチですが、現場と比べて評価精度が曖昧な部分もある。
明らかにどこでやってもいい仕事もあれば、事務所が適してる仕事もある。
数人であれこれ手を動かしながらやる事だとオンラインはストレスだし効率悪いけど、一人でカタカタやっていればいい事は無駄に話しかけられる事がないから効率いい。
あとどっから手に入れたのか分かんないけどアホみたいになる営業電話に出る必要がない事も○。
企業側は評価精度と環境さえ整えられれば生産性が上向く形に使い分けていけばいいと思う。

僕は元々あらゆる事に手を出して高校辞めてからずっと1人テレワークみたいな状態だったのですが、テレワークする方として結構難しいのは自分の環境を整える事。
学校での勉強より宿題の方が手に付きづらい問題を自分でクリア出来るか、子供出来た時とか家庭環境の変化に合わせて自分をマネージメント出来るか、良い意味での意図せぬコミュニケーションが生まれない分を自分から動いて補えるか。

どんな環境でもよく働き、よく寝て、よく食べる。それから広い世界を見る、っていうのを自分で取りに行かないと。

テレワークだろうと何だろうと与えられるのを待ってると自分主体の生き方は出来ない。それは変わらない。
アンケート回答企業を見るとほとんどが大企業だったので、
大企業では比較的テレワークの継続が出来てそうですが、中小企業などでテレワークが出来てない企業もまだまだ多そうですね。

人数が少ない企業では少人数で対面の方が効率がよいからテレワークはしないというところあるような気はしますが、少なくとも一定期間テレワークを試してみて、それでテレワークにするのか対面にするのか決めても良い気はします。
テレワークを継続せずに、対面の方が良いと判断するのは少し早い気はしますね。