新着Pick
741Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
関係各所のみなさんの努力がこうして数字にあらわれていて涙が出るほど嬉しい。。。記事中でタクシーだけいやに現金比率が減少しているように見えるのは、タクシーの場合特に「そもそものキャッシュレス対応機の導入がここ数ヶ月で急激に進んでいた」という面が実は影響が大きいのです。

例えば最近、個タクでキャッシュレス決済ができる車両が急に増えているのに気が付いた方もいるのでは(「個タクはクレカしか使えない」は今や完全に過去の話になりつつある)。これは、6月が設置の締め切りだった経産省による「キャッシュレス補助金」事業によって急激に決済機の導入が行われたのが背景。

この、「国の補助金で決済機が激増」と「コロナ禍による消費者の行動変容」が同時に起こったというのは、たまたまの偶然とはいえ、4-6月のコロナ第1波の最中にあっても歯を食いしばって設置を進めた業界各社・各担当の影の努力があったればこそ。関係各所の皆様、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
COVID-19パンデミックでキャッシュレスが加速しそうです。現金はウィルス感染の恐れがあることから、キャッシュレスへ、その中でも非接触決済へと決済行動に変化がみられます。

そういう調査結果をもとに、対談させていただきました。みなさんはほとんどがキャッシュレス派だと思いますが、コンビニや百貨店で現金払いをしていませんか。この際、キャッシュレス生活に変えてみてはいかがでしょう。

その際の利点や課題について、ぜひご意見をください。
東芝のスマートレシートと言う、
紙のレシートを出さないサービスが
拡大してきています。

レシート出さないので接触が無いのと
エコです。

https://www.smartreceipt.jp
興味深い結果、特に清潔さ(速さ含めて)という観点がとても気になった。

日本の清潔さへの意識は、グローバルでは特異値だと思っている。様々な「抗菌」商品(ペンとかエスカレータのベルトとか)、コロナ禍前からのマスクの着用や、除菌スプレーとかもそうだと思う。
そのなかで、元々日本は現金比率が高かった。日本のお金は、海外と比べるとかなりキレイ。それでも色々な人の手を渡るという点では、日本の清潔さへの意識と元々はかなり矛盾する領域。

ではなぜ変化しているのか?今まで気づいていなかったことにコロナ禍で気づき、気づいたら意識的になってしまったのではないかと思う。
例えばコンビニでは直接の手渡しではなく「トレーを使ってやりとりさせていただけます」と明示されるようになった。お金だけでなく、あらゆるほかの人が触ったところをいかに避けて感染リスクを避けるかがテレビなどでも報じられている。そうすると、身の回りの物で他の人が触ってそうなもの、また記事にあるタクシーの例のように密な空間を避けたいという意識がより強くなる。その結果ではないだろうか?

一方で、何回かコメントしているが、個人的には清潔さというか日常生活のなかでのリスクが低そうなことに、少し意識が行き過ぎているようにも思う。
例えば、お金もそうだし、電車のつり革、エレベータのボタン、本当にこういうところから感染した人というのはどれだけいるのだろう?
もはや現金離れはトレンドだった。 特にオンラインでの買い物、電車などでの現金使用の機会はほとんどない。
コロナ禍でキャシュレスが加速された。 現金は輸送保管等のコストがかかる。 消費者の立場からは便利、安全、お得がキーワードかと思う。
「こうなって欲しい」という当事者視点の対談ですね。

但し、一般的には「当事者の都合では動かない」のが社会です。

特に、日本の場合「現金を使う際のペナルティー」がない状態なので、未だに「現金」の比率が高いため、それが、今後も大きな障害になるでしょう。

中国やインドをみればわかりますが、「キャッシュレス化」と同時に「現金を使いづらくする」ことを実施しています。

それらを、セットで実行することで、キャッシュレス化が実現します。
確かに「5年早まった」かもしれませんが、新型コロナウィルスが終息した後に、元に戻る可能性も捨てきれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人的には、コロナ禍に入ってからクレカ、スイカに加えてスマホQRコード決済を使う頻度が急速に増えました。現金を下ろしに銀行のATMへ行く機会は著しく減りました。

もっとも、決済手数料の負担や資金繰りの悪化を嫌いキャッシュレス決済に背を向けているパパママ商店がいまだ多いのも事実。なかなか1億総キャッシュレス社会には及んでいません。

日本国内の決済インフラを牛耳るCAFISに切り込まないと、この問題はなかなか解消しないと思います。
モバイルペイメントも中小店舗に徐々に広がってきそうですが、まだサービス提供側での明確なトップ企業がいないため、この辺りの競争も今後楽しみなところです。
現金のみの店≒脱税
それ以外に現金のメリットが見当たらない