新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クラシックカーに最も適していると言われるカリフォルニア。本人もロサンゼルス在住27年のガソリン車、しかもクラシックカーファンの土方さんがなぜてゴルフカートのようなNEVに注文するか、には訳があります。「ガソリン車はしばらくは自動車の中心であり続けるし、すぐに消えゆくものでもないだろう。私自身古き良き時代のガソリン車ファンでもある。しかし世界の潮流はEV、自動運転に向かい、2040年以降ガソリンやディーゼル車両の販売を禁止する国、自治体も確実に増えている。その移行期に注目されるべき存在がNEVだと考える。理由は価格が1万ドル程度と安く、公道の走行も可能で手軽に近場を移動できる。荷台を付けて商用車としても利用できるし、地域コミュニティの移動手段、観光地や大学のシャトルバス、自動運転デリバリーへの応用など、海外展開なども試されている」。またまたご意見をお願いします。ヤマハにも頑張って貰いたい。
コミュニティの移動手段、いわゆる公共交通機関としての役割ならアフターコロナって話でも無いと思いますが。

コロナを起点に考えれば、短期的には個々の移動の方に行く。
自身で所有するなら利用頻度が高い、即ち用途が限定されない方向になるので、ならば普通の乗用車需要が増えそうな気がします。

先行き不安な中、用途が限定される超小型移動車を個人で買うとは思えない。用途限定だからこそシェアして利便性を享受するもの。
かと言って公共交通機関だと感染リスクがあるので、そこも慎重になる。

となれば超小型移動車は地域配送車位かな、と思ったりします。
昨年のモーターショーに出品したバトラーカーもNEV。
これから面白くなると感じてます!
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.4 兆円

業績

時価総額
57.0 兆円

業績