新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここまで注目度の高い案件で、コロナ外部環境で、こうして何度も追い銭、深追いをするには、最高経営者以下ボードは株主はじめ社内外に説明責任があるだろう。のみならず結果によっては下手をすると社外取締役や監査役、監査法人の責任問題にすら、将来発典しかねないのではないか。

ここまでブランドが毀損しコロナで泣き面に蜂の外部環境では、むしろ「残念ながら力及ばず」と潔く認めるほうがむしろ自然という気すら傍からはする。

孫さんの号令で現場は無理矢理にでも辻褄を合わせるべく奔走しているのだろうが、そういうのは典型的にスキャンダルを産みかねない状況だと思う。

そうではなくて、客観的、保守的にみて、黒字化可能、というならそれをもう少し説明が必要だろう。
ある程度事業を立て直せる勝算があるがゆえの追加資金投入だとは思うのですが、、昨年時点で評価額が9,000億円を割り込むレベルだったので、今はさらに下がっている可能性ありますね。そういう観点では11億ドルでSBの持分比率はさらに増加していることでしょう。立て直せればその分実入りは大きいかなと。
意外な展開。揉めていたのはどうなったのか。WeWorkが立ち直る道筋が立ったということなのか。
SBGにとって覆水盆に返らずのサンクコストの罠にハマっているようにも見えますが、果たして吉と出るのでしょうか。

今年4-6月期は前期より増収となったものの、1-3月期より大きく減収になった業績を見ると、単にリモートワークが進んだ結果、都心部のオフィスは不要になったことを裏付けている印象を受けます。

『明るい兆しもある。ロス氏は「世界規模で柔軟性を目指している複数の主要企業から新たな需要が見られている」と指摘した。』

というCFOのコメントは、企業が今までの立派なオフィスを解約してダウンサイズしたオフィスをWeWorkに引っ越しますという大きなうねりでもないかぎり、そういうシナリオは成立しないのでは?とも思います。
耳を疑いますね。更に資金を注入するとは思いませんでした。
いろいろ考えがあっての資金提供なのでしょうが、泥沼で引くに引けなくなっていることを疑います。
ウィーワークさんはそれほど利益率が高い業種だとは思えないので、ちゃんと回収できるのかが疑問です。
もう少し資金枯渇状態かと思ってましたが、現金はジャブジャブにあるみたいなので、コロナ禍乗り越えれる軍資金はたくさんあるようです。

____
ウィーワークの手元現金および未実行の現金コミットメントは41億ドルに増加するという。
最近のソフトバンクGの動きは、株主の意向を無視しているような気がしてなりません。

自社株買いは思いっきり「出資の払い戻し」になっているし、今回のコミットメントも(もし私が株主であれば)「冗談じゃねえ!」と叫びたくなるところです。

自社株買いで上がった株を本件で下げて役員が買い戻すとしたら、事前に知らされていなかったとしても、悪質な相場操縦です。

迷走するソフトバンクG・・・いったい誰が得をして誰が損をするのでしょう。
先日の決算説明会では、この11億ドルの追加支援には一切触れていなかったのですかね?
それなりの金額なので、追加支援はもう決まっていたはずです。有報等に後発事象で書く必要があったのでは?と思ったりするのですが、このニュースの範囲では判断つきません。

いずれにせよ、かなり突っ込む…という印象です。この資金で立ち直れるのか?今後の見通しを知りたいところです。
weworkを「安全で快適に働ける場所」と再定義できれば、新型コロナウィルスとの相性(?)は良いと思います。

つまり、以前のような「豪華さ」ではなく「清潔さ、安全さ」で価値を提供できるのであれば、使いたいユーザーは多いと思います。

それにしても、いつまでたっても話題がつきないweworkですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
WeWorkは、ソフトバンクにとって、成長しているスタートアップを探すレーダーになります。
過去、展示会や出版を行うジフデービスを買収して、Yahoo!を見つけ、投資しました。
それだけで、ジフデービスの買収額を回収しました。
WeWorkへの投資も、きっと、すぐに回収できると信じます。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.8 兆円

業績