新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事で気をつけなければならないと感じたことは、果たして夏季休暇が昨年と比べて減ったのは、コロナ関連の影響なのか?という点だと感じます。
質問項目の4については、
4.「新型コロナにより夏季休暇について企業のルール変更はあったか」なかった:51.9% / わからない:36.3% / あった:11.8%
とありますから、約12パーセントは取得についてのルール変更がコロナ関連の影響にのるものと明示できます。


昨年と比べて減ったというのは、今年の4月から施行された同一労働同一賃金による影響の可能性もあると思います。
夏季休暇に使えるお金は昨年より「減った」と答えた人33 %は昨年に比べて4.5 ポイント増加したとのことですが、家計調査によれば、勤労者世帯の可処分所得は逆に前年比2桁の伸びを示してるんですけどね。
ということは、家計がコロナの先行き不透明感などで、意図的に使えるお金を制約して貯蓄に回している可能性があります。
タイトルが少し煽り過ぎているように思いました。

多くの企業で、帰省や飲み会を禁止するというルールができたことが原因です。

新型コロナ感染予防が目的ですが、労基法では就労時間外まで制限を加えるのは違法です。
(届け出程度であればギリギリセーフ)

とはいえ、忖度してしまうのが日本のサラリーマン。

私も、会社勤めの友人・知人と飲む機会がほとんどなくなりました。
周りの目を気にして、休みたくても休めない。外出したくても外出できない。日本中に蔓延する、目に見えないプレッシャーの数々。わが道を行けばいいと自分を貫けるほど、みな強い人間ばかりではない
確かに今年は働いている人が多いですね。。
リモート導入で休暇と仕事が混在してます。
これもニューノーマルか。
夏期休暇の廃止って、
・就業規則に書かれている労働者の権利
・ゆえに廃止には就業規則の変更が必要
・ただし不利益変更になるので従業員からの意見聞き取りなどが必要
って感じだと思うので、大変なはず。

それとも一方的な通達だったのかな。
「コロナ禍の夏季休暇の過ごし方に厳しいルールを設ける企業も」との箇所については、私の周りでも同様の事例は出ています。
具体的なルールとまで行かなくても、「言わなくても分かるよね」的な実質的なルールは存在し、旅行を敬遠する人も多いです。
リモートで仕事と遊びが一体化してると敢えてこのタイミングで取らなくてもいいかもと思う。来週とか9月とか、もっと空いてる時に沖縄なり北海道なりいきたいなー
今年はお盆も帰省がままならず・・・と言う方が多いようですね。そして、旅行も東京は「GOTOキャンペーン」から外されていますし、コロナのことを考えると旅行に行くのも二の足を踏む方が多いようです。で、結局お盆も出社している方が多いように感じます。これからは、夏季休暇も同じ時にみんなが取る、と言うことではなく「分散」されていくように感じます。いつも「みんなと一緒」と言うのはニューノーマルではないかな。それぞれの都合に合わせて休暇も取れるようになると良いですね。
自分も職場から就労時間外の過ごし方についてお達しが来て「医療従事者とはいえ、これアウトじゃない?」と思ってましたが、結構普通にあるんですね。

別に今の状況で好き好んで大人数でワイワイガヤガヤ飲み会なんか言われなくてもしませんが、職場から言われるのはまたなんかちょっとね…

今はなかなか旅行もしにくくて気持ちはわかりますが、普通に休暇はとった方がいいのでは?
仕事が楽しくて仕方ないってならまあ、お気をつけてという感じですが。

業績