新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日、まさに「出向、転出」で大活躍している元銀行員と話をしました。

彼の弁によると、

まずは「郷に入っては郷に従う」で、出向先でどのような環境でどのようなポストを与えられても唯々諾々と受け入れること。

次に、出向先の組織人となり組織のために全力を尽くすこと。

さらに、戻ることは一切考えないこと。

ということでした。

早い話が、与えられた環境の中で全力を尽くすことでありましょう。

転職すると、その前の職場の「いい面」ばかりが頭にこびりついてしまいます。

とはいえ、転職するときの条件や約束に違反した場合は、早々に辞めてしまった方が得策です。

私は、ファンドマネジャーという専門職を目指して野村投信に転職したのに、「MOF担」にさせられそうになりました。

「入れてしまえばこっちのもんだ」
なんて思ったら大間違いだぜ、とばかりに退職して司法試験勉強を始めましたが・・・今から考えればけっこうしんどかったです。

転職前にきっちりと約束を交わしておいて、それを破る転職先は辞めてしまいましょう。
(その前に、次の転職先を確保して・・・)
転職に限らないかと。相手の期待に応えている方・組織の目標を達成されている方は、その期待や目標を具体的に理解されているし、その達成を妨げることや妨げを取り除く方法をよく考えているし、過去のやり方・自分のやり方にとらわれず、柔軟に行動されている、と感じます。
概ね、この「調査」の通りですよね。まず、その組織の歴史やビジネスの特性を知って「共通言語」で会話ができるようにする。あれも無い!これも無い!と嘆かない。カオスはチャンス!と前向きに受け止める。1日も早く「その会社のヒト」になって、それから、この会社には無い、前職で得た知見や経験をズバッ!と出す。刀はあんまり早く抜かない。ちょっと溜めてから抜く。

要は「共感と信用」ってところなんでしょうね。ミドルの転職、焦りは禁物だと思います。
ミドルだけではなく 全ての年代の人に共通。 自分の立ち位置を理解して、今を大切に生きることは、簡単ではない。
過去の様子を思い出してみよう。 ただ 比べて不満をためるより、 今を楽しむ方へ方向転換しよう。
この記事に書いてあることは、日本の多くの企業では当てはまると思います。
まずはその組織の価値観に染まることを、求められますからね。

しかしスタートアップでは、この限りではないですね。
今働いている会社がそうですが、社員のほとんどが入社2年以内のため、企業文化自体が存在していません。
また手探りで仕事の仕方を確立している最中のため、即戦力の中途採用者に、より良いやり方を提案して欲しいと求めています。

リクルート出身の役員が「俺は理不尽•非効率が大嫌いなんだ。過去に俺がやってたやり方が良いとは限らない。より良い方法があればどんどん変えていけ」と言っていましたからね。

組織に染まれない性格の人は、起業するかスタートアップで働かないと、肌に合わないと思います。
郷に入っては郷に従えという言葉がこの状況に当てはまると思います。
どんなに前職で成果を残している方であっても、会社が変われば新しい企業文化やカルチャーがあります。
そこを学び、自分の中で落とし込んだ後に、新しい風として今までの経験を活かせるような働きかけができる人がミドルで転職して活躍できる人物像だと思います。

年齢が下であってもその会社では先輩であるという意識を忘れずに、学ぶところは学び自分の知識や経験を活かせる場面はどんどん活かして融合していくそんなイメージてしょうか。
完全同意。

転職は改宗のようなものだと思っています。
転職先の教義を身につけつつ貢献できる道を探すのは、言うは易しだけどけっこう大変…

いまの会社はカルチャーがけっこう独特なのでに転職した当初は苦労した記憶があります。
もちろん専門的なスキルもある程度は持っているのが前提で、その上でコミニケーションをしっかり取ることを意識した行動が伴っていれば成果が出やすいのかなと思います。

どの会社でも1人で仕事をすることは少ないと思うので、いかに周りの人とうまく仕事が出来るかは重要なポイントですね。
転職に限らず、コミュニケーションと社内文化の理解、わからないことは教えを請うというのはミドル層に必須ではないでしょうか。おかしなプライドは不要だと思います。
「転職先企業の企業文化理解に努める」
これは当たり前過ぎないか?そもそも文化に共感したから転職するのであって...