新着Pick
2246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集「新しい自己啓発」の第5回は、新しい学び方を紹介します。

スマホを徹底活用して、偏差値35から東大に合格した西岡壱誠さんに、その勉強法を聞きました。

「スマホさえあればいつでもどこでも勉強できる」と言います。リモートワークの導入によって仕事をする時間と場所の制約がなくなった今、勉強もスマホで効率良く進めてはいかがでしょう。

INDEX

☑️ 頭の良い人はどこが違うのか
☑️ 東大生は慣れている
☑️ 動画授業の価値は個人最適化
☑️ 2倍速で大枠、0.75倍速で細かく
☑️ オススメの「動画」
☑️ 一人LINEグループで復習
☑️ 忘れるタイミングでAIが出題
☑️ エビングハウスの忘却曲線
☑️ オススメの「記憶アプリ」
☑️ タイムラプスで勉強動画を撮影
☑️ 勉強フォームを振り返る
☑️ 仲間を作れば挫折しない
☑️ オススメの「継続力アプリ」
☑️ TO DO→DOING→DONE
☑️ Twitterは恥をかける
☑️ インプットだけでは身につかない
☑️ 要約を読んでから本を読む
☑️ オススメの「読書アプリ」
☑️ 質問もアウトプット
東大生は特別な存在ではありません。

ましてや、今の時代、2浪して入学すると「苦労人」と言われています。
(応援部や野球部の紹介記事で出ています)

苦労人の方法論を有り難く頂戴するのは各人の自由ですが、さすがに東大OBとしていささか頭にきました。
非常に示唆深い記事です。
超まとめると、テクノロジー(アプリ)を使って、自習をアップデートしているということです。自習だって時代によってアップデートしないのっておかしいわけです。

また、教育全体を考えた時には「動画授業の価値は個人最適化」という点が重要です。これは動画に限らず「EdTechによる授業の価値は個人最適化」とも言えるでしょう。一斉授業はこれまではテクノロジーがなくて仕方なくやっていたことなわけです。EdTechによって、個別最適化されて、一人ひとりが成長できる授業が実現できるよう、EdTech各社奔走しております。今が運命の分かれ道です。
勉強に役立ついろいろなアプリがあることがわかりました。リモートワークに使えます。
東大生だからといって耳目が集まる風潮は、早晩なくなれば良いと思っています。

安易に権威にすがる、自分で物を考えない証拠ですね。
具体的な工夫や推奨アプリが満載で発見の連続でした。スマホの活用一つで世界が変わりますね。後半はアウトプットの重要性について触れられていますが、これは社会人もまったく同じ。どんな有名な本を読んでも、どんな優れたセミナーを聞いても、アウトプットしないと力にならないというのは実感しますね。
なんか入学が生きる目的化してる

もっと有用なことに時間使ったほうがいいのでは😆
この連載について
リモートワークやオンライン授業が普及しつつあり、ビジネスパーソンや学生はリアルな場で、対面で、学ぶ機会が減っている。これからは自宅で、独力で、オンラインツールなどを使い、勉強していかなくてはならない。今後、求められる知識やスキル、マインドセットは何か。それをどうやって獲得するか。「新しい自己啓発」を紹介していく。