新着Pick
4045Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートワークやオンライン授業が普及し、ビジネスパーソンや学生はリアルな場で、対面で、学ぶ機会が減っています。これからは自宅で、独力で、オンラインツールなどを使って主体的に学ばなくてはなりません。

今後、求められる知識やスキル、マインドセットは何なのか。それをどうやって獲得するか。本特集では「新しい自己啓発」を紹介していきます。

第1回は、ボストン コンサルティング グループ日本代表の杉田浩章さんにアドバイスをいただきました。精鋭のプロフェッショナルたちがリモートワーク下で今、磨いている必須能力は?

■INDEX
☑️ 「受け身」と「自働」で大きな差
☑️ ワークプランを組み立てる能力
☑️ 逐次的思考から逆算的思考へ
☑️ 上司の時間を勝ち取りに行け
☑️ 自分の強み・得意技を磨く
☑️ オンライン会議で価値が高まる技
☑️ 論点の適切な設定
☑️ ファシリテーション力をアップ
☑️ ラップアップの成果を高める
☑️ オンラインで会ってもらえる人
☑️ 質問力で上司からテイクせよ
☑️ 長時間労働では成長しない
☑️ 短時間で生産性高く働く
☑️ PTOで最高のパフォーマンス
☑️ 個人を守ることが会社の魅力に
☑️ 日本人に欠けている「個の確立」
☑️ 多様性をマネージする
>よくギブ&テイクといいますが、上の人からすると若手に対して気の利いたギブができたり、貢献できたなと思えることは、とてもうれしいものなんですよ。

これ、そのとおりですね。上の立場の人間としては気軽に声かけて欲しいし、どんどん自己の成長のために上の立場の人間を良い意味で使い倒して欲しいと思っています。

また、今の若手世代は怒られたり、キツく当たられるのに慣れていない世代とも言えます。

『こんなこと聞くために時間取るなよ。俺、忙しいんだから』とか言っちゃった日にゃ次から「あの人に聞いたらキツく当たられるだけだからやめとこう」となり、成長機会を失わせてしまうことになります。そういう意味では上の人間は下の世代に成長してもらうために

「常に自分だったらどう接して欲しいか」

それを考えて、若手と接する必要があります。
セルフマネジメント力は大切ですよね。ステイホーム期間に入ってから、それが顕著になりましたし。

独立しているのでセルフマネジメント力は比較的できているかなあと思いきや、人間は元来怠け者なので、時には気が向かなかったり、昼寝してみたり、ダメダメな自分がしょっちゅう登場します。

そんなダメダメな部分もかわいいもんだと自分をうまく受け入れることができることも含めてセルフマネジメント力なんだと思います。ま、自分を正当化しているだけですが(笑)
杉田さんとは直接ケースでご一緒したことはないのですが、私もBCG在職中にはとてもお世話になりました。社内には彼に関して数々の伝説があって、そのすべては彼がとにかくハンパなく仕事がデキる方だということを示唆していました。その彼が惜しげも無く仕事のティップスを共有しているこの記事はスゴイ(むしろ盛りすぎでは)

「生産性を時間の長さで補う人は、成長していかない。8時間でやっているものを10時間に延ばして生産性を高めました、10時間でやっているものを12時間に延ばして2割増やしましたって、これは絶対に成長しないです。
しっかり寝る、きちんと休む、リフレッシュすることがなかったら、モチベーションが続かないし、そもそも頭が回らなくなって時間当たりの生産性が落ちます。」

皮肉ではなく、私は圧倒的に杉田さんよりも仕事はできないので、この点に関しては私がBCGで学んだことはだいぶ違います。私にとっては仕事の結果はかなり高い相関係数で量に比例します。あらゆるクライアントの仕事に、いくら時間を使っても苦にならないほどの楽しみを見出すことがコンサルタントには必要と考えましたし、それが私にとってのその後の仕事観につながりました。いずれにしてもその後の私の仕事の仕方の全てのベースを教えてもらったのがBCGでした。
日本のビジネスパーソンに個が欠けているのは、日本の大企業の場合、個が際立っていて、かつ組織に染まっていなと、まさに出る杭は打たれるで、上に上がれないため、出世するためには組織に染まるしかない体質が原因だと思います。
組織体制津から変えるしかないと思います。
>「個の確立」が日本のビジネスパーソンには非常に欠けている。
自己研鑽につながるヒントがありますね。

☑️ 「受け身」と「自働」で大きな差
☑️ ワークプランを組み立てる能力
☑️ 逐次的思考から逆算的思考へ
☑️ 上司の時間を勝ち取りに行け
☑️ 自分の強み・得意技を磨く
☑️ オンライン会議で価値が高まる技
☑️ 論点の適切な設定
☑️ ファシリテーション力をアップ
☑️ ラップアップの成果を高める
☑️ オンラインで会ってもらえる人
☑️ 質問力で上司からテイクせよ
☑️ 長時間労働では成長しない
☑️ 短時間で生産性高く働く
☑️ PTOで最高のパフォーマンス
☑️ 個人を守ることが会社の魅力に
☑️ 日本人に欠けている「個の確立」
☑️ 多様性をマネージする

なるほど! 自分はもちろん、後輩育成などでも活用できそうですね。あとでじっくり読ませていただきます!
ビジネスパーソンとして意識すべき内容。勉強になります。
以下の点は特に共感します。真のチームワークを発揮する会社の在り方だと思います。

自分自身の強みや得意技、一芸を磨き、個人が会社にどう貢献できるかをよく考えること。
隣の人から学びにくい、先輩の背中から学びにくいというのはオンラインになって変化した部分かと思います。一方で、ノウハウ共有系の学習機会は提供しやすくなったとも感じます。意外と誰も着手できていない課題はあるもので、そこに関わろうとする姿勢やそれらを体系化してアウトプットする機会は増えているとも感じます。大変化というより「一歩踏み出す」「ひと手間加える」というプラスアルファの思考とスキルがポイントのような気がします。
GPT-3生成のブログ、ハッカーニュースで1位に

GPT-3は、きれいな言語を作るのは得意だが、論理的で合理的であることはあまり得意ではない。そこで彼は、厳密な論理を必要としない人気のあるブログのカテゴリー、つまり生産性と自己啓発を選んだ。

ヒットしたブログのタイトルは「Feeling unproductive? Maybe you shouild stop overthinking」(非生産的になっている? 深刻に考えすぎないほうがいい)だった。

https://www.axion.zone/a-college-kids-fake-ai-generated-blog-fooled-tens-of-thousands-this-is-how-he-made-it/
BCG杉田さんのインタビュー、コンサルタントの動き方の基本がぎゅっと詰まった内容です。私もわずかの在籍期間で、これらの動き方を仕込んでもらったな・・と、思わず感謝の念を抱いてしまいました
この連載について
リモートワークやオンライン授業が普及しつつあり、ビジネスパーソンや学生はリアルな場で、対面で、学ぶ機会が減っている。これからは自宅で、独力で、オンラインツールなどを使い、勉強していかなくてはならない。今後、求められる知識やスキル、マインドセットは何か。それをどうやって獲得するか。「新しい自己啓発」を紹介していく。
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア