新着Pick

容赦なきトランプ「中国TikTok包囲網」の全内幕

東洋経済オンライン
「われわれはTikTokをアメリカで禁止しようとしている」。もしトランプ大統領がその言葉通りにできるなら、彼は張一鳴(チャン・イーミン)にいかなる交渉の余地も与えないだろう。動画アプリのTikTokはアメリカか…
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕は財新の調査報道を評価していて有料の購読サービスを利用している。しかしことこの記事に関しては、いつもの迫力と示唆がまるでない。

結局のところトランプ政権はなぜtiktokをアメリカから追い出したいのか、についてがまったく触れられていないからだ。

微信(wechat)まで追い出すのだとすると、さすがに中国政府も反応しなければならなくなる。ファーウェイは技術的観点で反論できたが、微信になると反撃のロジックが難しいだろう。

もう一段、深い対立に進むのだろうか。体制と価値観の衝突は、もう避けられない気がする。
クリーンネットワークプログラムによりWechat含め、中国系全てのデータと通信、クラウドなどに関するアプリなどは容赦されなくなります。結局先日見つかった不正データ取得の証拠もまだ氷山の一角でしょう。まあアメリカが似たようなことをしていない、とはいいませんが、かなりマシでしょう。