新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資産運用は専門性を要するのですぐには配置転換できないので一定期間が必要となると思いますが個人資産の半分を占める1000兆円の預残高を考えると方向性は理解できます。

https://moneyzine.jp/article/detail/216926

下記の記事に出ていた店舗のイメージはシンガポールのDBSなどに似てますね。

新システムMINORIの名称の由来ははMizuhoのMに「祈り」を足したとのことです。過去の経緯を考えるとうなずけます。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO62092670Q0A730C2000000?s=4
営業職に配置転換し、厳しいノルマを課して自主退職に追い込む・・・そういう意図もあるのでしょうね。

事務職は精神的にとても楽ですから、いきなり営業に回されると参ってしまう人がたくさんいるでしょう。

銀行や証券会社に資産運用の相談に行くのは、赤ずきんちゃんが狼に人生相談に行くようなものだ・・・とも言われるようになり、とかく煙たがられていますし・・・。
既に2021年度までに8千人相当の業務量削減を発表しているので、2023年度までに1万人の配転は目新しい話ではない。

印鑑レス、ペーパーレスは当然のことで、諸届を含めそもそも来店を要する手続きの抜本的見直しが不可避。
メガバンクのDXは、ますます加速する。
当然、その裏側には社会経済のデジタライゼーション
の加速がある。
2019年に「大予測」で申し上げたより速いスピードで変化が起こっています。

「NewsPicks 金融大予測」(2019 )

https://newspicks.com/news/3565623/?utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid257547&utm_medium=urlshare
店舗ではペーパーレスと印鑑レスを進めるとの事ですが、不可逆な流れ。顧客にとっても利便性は向上します。
先日みずほのある支店から郵便が届きました。

A支店は移転します。
移転先はB支店内です。
同様にC支店もB支店内に移転します。

最初はA支店のビルの都合かなと思ったりしたのですが、店舗数を削減する施策の一環だろうと理解しました。
みずほも変革時期なのだと思います。人員削減とともに配置転換を行い。効率的な銀行業務を実施できる体制をめざしていることを強く感じます。
店舗は不要とまではいわないが、極力最小化すべきでしょう。その点でSMBCは進んでいるのだと思います。
新型コロナもあり、非接触型のビジネスモデルはいやおうなしに主役になります。そこに合わせてDXできるか、それぞれの企業の確保が見え隠れしていますね。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.53 兆円

業績

株式会社みずほ銀行(みずほぎんこう、略称:みずほ、英語: Mizuho Bank, Ltd.、略称:MHBK)は、本店を東京都千代田区に置く、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績