新着Pick
1180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「人はひらめきを言葉にする時点で頭の中にある新しい何かを、すでに世の中に存在しているものに変換しがち」

これ、わかる。言葉にする作業は最寄りの格子点を探して収束させる行為。モヤモヤしたアナログな部分が生き残らない。僕はできるだけ言葉にするのを遅らせたい。

「絵を描かないと頭の中に物事が落ちない」

これもすごく共感する。僕はいつも新しいプロジェクトが始まるときに、必ずノートに対象となる物やアイデアの絵を描く。描けたときはだいたいその仕事で活躍できるし、描けなかったときはだいたい活躍できない。
「理系」と「文系」という分類と区別は、日本独自ではないでしょうか?

理系でも、数字や数式を使わない分野もありますし、文系でも、ファイナンス関係は、数字や数式の塊です。

ですから、「理系は」とか「文系は」という考え方は、あまり当てはまらないと思います。

理系、文系関係なく、その人の理解度を把握するためには「絵で描いてもらうこと」というのは事実だと思います。

何故なら、理解できていなくても、口頭で述べたり、文章で書いたりはできますが、理解していなければ、絵で描くことはできませんので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
私自身は、どこからどう見ても文系脳で、絵よりも言葉でまず考えますし、算数の問題も見事に丸暗記した公式に当てはめて答えを出すタイプです。

子どもたちを小学校受験用の塾に連れていってびっくりしたのは、とにかく問題を「絵」として捉え、頭の中でその「絵」を動かしながら問題を解かせることでした。
(ひらがなもまだ習っていない、かけ算割り算も当然習っていない未就学児なので当然と言えば当然ですが。)

このビジュアル化が自然とできる癖が身につけば、初めてぶつかった問題でも対処できるというのはまさにその通りではないかと思います。

学校の勉強も仕事も、ビジュアライズするためにはまず問題をシンプル化させることが必要なので、ポイントを絞って整理する力もセットで身につきますね。
他の分野は存じませんが、機械設計者の適性は、iso viewスケッチを見ると大体わかりまますねぇ で、もうちょっとわかります、三面図からiso viewを描いてもらうと

あ、記事読みました

絵でも同じだと思いますねぇ 上の例でいうと、3面図→iso がうまく描けなくても、自分で間違ってると解る (正解を見ずに) コは7割位います つまり、アタマで思うイメージを描く技量がないため、出来る範囲で近いモノに置き換えているんですねぇ

「それどころか、人はひらめきを言葉にする時点で頭の中にある“新しい何か”を、“すでに世の中に存在しているもの”に変換しがちなのだ。つまり「概念化」によって、新しいものを生むのが難しくなることも多いのである。」

特に 、「絵」といっても、venn diagram, quad chart, block diagram, flow chart, bar chart, scatter plot というような パワーポイントとかエクセルのメニューにあるような、すでに世の中に存在している "formats" から、(無意識にでも) 近いものを選んで描くのでは、ここでいう「言語化」と変わらないと思いますねぇ ただ表現の手段と、それを使いこなす技量が違うというだけで
ビジュアライズすると、創造的な関連性が生まれやすい。

僕は、物事をイメージでとらえて、こんな感じというイメージで考える習慣があります。

目に飛び込んでくるのも、文字よりビジュアル。だから、大量の文字情報を処理するのは得意ではありません。

言葉で考えるのも、図や絵で考えるのも、一長一短があります。タイプによって、向き不向きもあります。

ちなみに、僕は理系です。だからといって、ビジュアライズ思考が得意というわけではなさそうです。

母方の実家が農業をやっていたので、小さい頃から自然に触れて五感の刺激が多く、いろんなことをイメージしていたからです。

理系とか文系とか分けない柔軟な考え方がいいと思います。
ミッドタウンの21_21でやっている(秘)展がとてもお勧めですよ。クリテーティブというプロセスがどんな途中段階のメモやスケッチや模型をへてうまれるか、そして、いかにそれが多様であるか。とっても刺激をうけました。
 例えば、隈研吾さんが、高輪ゲートウエイのデザインで、模型とメモ書きを延々と繰り返していたその膨大な様子が伝わってきました。
 ただ、理系や文系は関係ないと思います。理系の一流論文のタイトルや文章は、ほとんど一流コピーライターのレベルだと思います。
理系が絵で文系が言葉ってことではあるまい。文系のぼくはパワポで絵を使う派だし、理系のほうがExcelで数式(言葉)使う達人が多い。そもそも文系・理系人間という区分以前に、字派か絵派かがあるんでしょう。そして図工音楽という後者の教育に力を入れてきたのが日本の特徴だと思います。
文系か理系かという「区分」は置いておいて、「言葉」に変換しないと嫌な人はそれなりに大勢いる気はします。

「言葉」に変換する意味、共通認識を確認したり、広いコミニティに共有したりする効能はあるとは感じますが、「言葉」に変換するデメリットも多くある気がします。どうしても言葉に置き換えた時点で、なんらかの要素を簡素化するだけではなく、削ぎ落としてしまうと感じる時があります。

せっかく多面性や多次元性があることも、言葉にすることで平面的になってしまうリスクがあるということです。

「言葉」に置き換えるべき時は置き換え、そうすべきでない時はそうしない、そういう使い分け、つまり物事を立体的に捉えつつ噛み砕いて理解できるにとは、文系理系問わず、アカデミア・ビジネス両方の世界で成功を収める確率が高いと思います。
絵も文字も両方必要です。
どちらで考えても、自分で思っている以上に頭のなかで整理することすら難しいです。ましてやそれを人に伝えようとすると、ただでさえ頭のなかで整理できていないものが、絵や言葉の不自由さで更に表現しにくくなります。

いずれの思考法も普段から自分の限界と向き合わないと磨かれません。どちらも一長一短なので、状況に応じて使い分けられることが理想です。
自身の考え、理解を、整理するために、深めるために、言語化したり、ビジュアル化したりするもので、"絵"そのもので考える訳ではないと思う。曖昧なものを何らかのカタチに変換し、他者からのフィードバックを得て、より良いものに仕立て上げるための手段だと思う。絵や図に落とし込むと、見えていなかった領域や、見落としていた領域、傾斜していた領域などが俯瞰視することが可能になる。何よりも、自分自身の"気づき"になる…。自身のアイデアや提案を他者に伝える上で、端的に要点や訴求点を伝えることができるようになるのは、大きな利点である。聞く側の理解度も促すことに繋がる。個人的には、自身のアイデアを文章で残し、少し寝かして、図解してみることをお勧めしたい。最初のアイデアに愛着は生まれるが、完璧なものではないことを理解し、固執してはいけないことを、気づかせてくれる習慣になると思う…。