新着Pick
773Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界中で20億台以上あるアンドロイドOSのスマートフォン。この膨大な端末をつかって、地震を事前に感知する、世界最大のネットワークをつくるというプロジェクトが発表されました。

日本には気象庁の緊急地震速報があり、また地震大国として、極めてクオリティの高い警報システムをもっています。しかし、世界にはそうしたインフラのないエリアに何億人もが暮らしており、高価なインフラ投資もできないケースもあります。

そこでグーグルは、スマホの加速度センサーを使った、新しいアルゴリズムを開発。このグローバル地震ネットワークは、振動を感知すると、ビルや鉄道、医療現場などと連動して、事故を防止するといった、未来のエコシステムも描いているようです。
松尾豊先生の下記の論文を思い出さずにはいられない。
SNSをヒューマンセンサとして使おうという研究です。

Earthquake Shakes Twitter Users
http://www.ymatsuo.com/papers/www2010.pdf


似たような試みとして、Googleの下記のインフルエンザ流行予測も有名です。

【インフルエンザ】「ビッグデータ」を使ったインフルエンザ流行予測の改善
https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/9718


また、町中を動き回るタクシーをセンサに使うというのも各国で行われています。

名古屋では5台に1台が“インターネットタクシー”
インターネットITSの大規模実験がスタート
https://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2002/0129/iits.htm


また、生物につけるというのもあって、ウミガメとかクラゲとか水鳥とか蜂とか、いろいろと研究例があります。

ウミガメ追跡とバイオロギング
https://bonin-ocean.net/about-greenturtle/biotelemetry
スマホの加速度センサーが人の動きを感知する能力に優れていて、その動きを解析して人の幸福度を測定するプロジェクト(日立 矢野フェロー)まで生まれているのはすでに知られているが、地震の「S波」と「P波」を分けて検知することまでできるとは驚いた。スマホを究極のIoT機器として社会のイノベーションがどんどん進み、そのデータを活用したビジネスが、近未来の経済をドライブしていく。大いに期待がある分野です。
このようにテクノロジーで災害の被害が減るのは本当にすばらしい!

地震が多い日本で、どのように活用されていくのか注目ですね。
確かに、世界中に存在するスマートフォンをIoTセンサーとして活用することで、さまざまなサービスが実現可能となるな。専門のセンサーとの精度などの違いが気になるところであるが、もし大差無いとしたら、社会貢献的なサービスであると同時に、このデータをIoTアクチュエーターに配信することも出来るだろう。IoTアクチュエーターもスマホ(Android)になるとしたら、AndroidだけでIoTネットワークが出来てしまう。
未来を描くのに、思考を刺激されます。

こういうの読むと、NewsPicksというメディア媒体が、明らかに伝統的なメディアと比べてもお金を払う価値があると思わせてくれます。

新しいだけの事実を一瞬でも早く届けられることに、自分の行動を変えるほどの価値は今や感じません。
深い洞察に基づいて、シッカリとインタビューとってこられるのはさすがだなと思います。
スマホだけで地震予知と警報ができる仕組みをグーグルが発表したとのこと。社会的な意義が高いソリューションですね。P波をとらえて、S波を予測、そして通知するという時間差をよく考えてあるなと思いました。
IoTですね.スマホだけではない,ロボット,自動運転車,ドローン,これらは動くセンサの群システムです.当然これらは,スマホ,ロボット本来の機能を果たすために機能するのですが,そこから抽出できる情報は無限にあります,特に不特定多数の無数のセンサ情報は数の多さから「集合知」に向かう価値を持ちます.センサ情報を,そのセンサを持っている個人や事業者(Googleとか)が独占するのはもったいない.やがて,そのような情報やデータを取引するマーケットも将来は生まれるでしょう.気づかないセンサ情報の活用法をめぐって,データを有効に活用できる,あるいは活用したいと思っている人たちとデータ所有者の市場です.
文中の「極加速度センサー」は「加速度センサー」の間違いかな.
緊急地震速報を導入していない途上国などでは、電車を止めるなどある程度の減災効果が見込めるのかもしれません。日本でも将来的に緊急地震速報システムと連動すれば理論的には精度を上げることにつながるのでしょうか。ただし震源の浅い直下型の強い揺れは間に合わないでしょうし、海溝型の場合でもスマホよりも海底地震観測点が先に検知するでしょう。世界有数の地震国・日本に暮らす我々は過度に期待することなく、いつ起きるかわからない大地震への備えを徹底するほかありません。
テクノロジーが世界に混乱だけでなく恩恵をもたらす時代はまさにこれからだという壮大なプラン。全員ではなくてもある程度の規模の人たちがスマホを自費で持つことで可能になるのですね。

「これは高いコストがかかる、既存の地震計のインフラを構築できない地域でも、アンドロイドOSのスマホがあれば実現可能です。
そして地震が活発なエリアで暮らす、何億人もの人々に関わるプロダクトなのです。」