新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日目立ったのは航空各社やその関連の上昇。American Airlines や、United Airlines は、それぞれ7%を超える爆騰となりました。

理由は、米国の空港のセキュリティチェックを通過した人数が、2週連続で増加し、先週日曜日は83万人と、3月17日以降で最高となったと伝えられたこと。

しかしこれは先週の行動制限一部緩和で、これまで溜まっていた移動の需要が一気に表面化した影響もあると思われます。航空需要の本格回復には相当の時間がかかるのは明白なのにこれだけ盛り上がるところに、行き場を求めるマネーの勢いが如実に表れていると思います。
他に投資する金融資産がなかなか無い中で、株価は資金が流入しやすい状況です。ニュースに応じて乱高下する展開がニューノーマルかと考えます。
やはり大統領選も控えてますから、米国は経済対策に前向きですね。
政府税調で消費増税の議論が持ち上がる日本とは大違いです。
期待先行の株価上昇なので、政策立案者にこの業種に効く経済刺激策を考えてくださいよとの思いが強い業種の株価が上昇したのだろうと、私は考えます。それらの期待にアメリカ政府が応えるかどうかは、わかりませんので、この上昇が続くかどうかは知らんけど。って、大阪のおばちゃんみたいなコメントですみません。
失業給付加算を減額した上で延長する大統領令に反応した株式市場。しかし、これはあくまでも一時的な刺激策。米国経済や世界経済は健康体からは程遠い状態です。
【経済】アザー米厚生長官の訪台と香港情勢が少しは市場に影響するかと思っていたが、失業給付継続の大統領令の方が材料としては強かった模様。ただ、一方で金価格と原油価格も反発上昇していることを考えると、地政学リスクもある程度は認識されているということでもありそう。