新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本でも、売上が飽和すると白地の時間帯に活路を見出すマーケティング方法は試されてきました。
リモートワークによって、NYでよく見かけた通勤時にコーヒーと軽食を手に持ってオフィスに向かうシーンが激減している事が容易に想像できます。
ただ、朝帯は激減しても「後の時間帯にコーヒーを買いに来る人が多くなっていると、チャウダリー氏は話した。最近では、夕食の時間帯の売り上げが激増」とあるので、店舗の立地条件によって営業時間の変更やスタッフシフトの調整などは必要ですね。
日本でも共働き比率の増加に伴い朝食市場は広がってぃていただけに、米国と同じような打撃が出ていそう。とくに朝食は、あえてリスクとって外に、とは戻りづらそうですね。
日中の売上は戻っても朝が閑古鳥、ということは出店立地だけのことでは無さそう。駅そばの売上は乗降客数と連動するが、FF各社の朝が弱くなったというのは興味深い。テレワークで毎日の生活時間も変化している人が増えたのだろうか。出店の好立地は流動の多さと連動してきたが、席数も減り単価を上げる必要があれば自ずと条件も変わってくる。
 都心のオフィス街の昼時は戻ってきたとはいえかなり空いていて、働き方は戻ることはないだろう。人事制度や福利厚生を変化に合わせ急いで変えようとしている企業も多い今、都心の景色も来年は大きく変わるのだろうか。
郊外ではランチ・ディナーの落ち込みを朝食を営業する事で補填しようとする企業もありますが、オフィス立地であればそもそも行動変容による集客差がより大きいので店側も変容せざるを得ないですよね。
働らくスタイルが変れば当然の流れだろう。シュリンクするところもあれば、その逆もある。
アメリカの朝食市場の話。
通勤客が減り、時間帯別マーケティングを変える必要が出てきました。
しかも、これは長期にわたり変化すると読んでいるからこその施策ですね。
確かに、朝に駅に行かなければ朝マックをしたり、スタバでわざわざ朝からコーヒーを飲まないですね…

在宅ワークで、家の中の朝の流れも一気に変わったということなのでしょう。

私はこの猛暑が一服したら、近所に美味しそうなモーニングをやっているお店がいくつかあると知ったので、散歩がてら行ってみたいです。住宅地にあるカフェは、逆にチャンスに出来るような気もしますが…
朝でかけませんからねぇ でも、ランチでよく行きますよ、Panera の curbside pickup (車まで届けに来てくれます) 昨日も
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.1 兆円

業績

日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,582 億円

業績