新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プラスチックは低価格、軽量、他素材では再現しにくい質感や弾力性を比較的容易に再現可能ということで、ロボットへの利用が見据えられているのは当然だと思います。

一方で処理リサイクル業界は、ロボットやAi/IoT機器が今後増える中で、どのように適正処理・リサイクルしていくかを課題として話し合い始めたところです。

CFRPなど、その利便性の高さ故にすぐに普及拡大し、未だに有効なリサイクル手法を模索し続けている樹脂系素材もあります。製造者・設計者にはDfE(環境配慮設計)や易解体設計をぜひ心に留めていただければと思います。
先ずはロボットへのプラスチック利用が進み、その先にロボットがやわらか素材で構成される未来があります。

『化学各社は、プラスチックなどの新たな用途として、ロボット分野の開拓に注力している。ロボの部材は金属製が多く、プラ代替による軽量化も期待される。』
三井化学株式会社(みついかがく)は、三井グループの総合化学メーカーである。山口県和木町で工場を開業以後、事業拡大・海外展開を行い、三井東圧化学と三井石油化学工業との合併を経て、1997年10月1日に三井化学となる。 ウィキペディア
時価総額
8,227 億円

業績