新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
兵器としての原子爆弾の是非を語れば、色々な意見があるでしょう。
今でもアメリカでは兵士の被害を減らすためには有効であったという言説が主流ですし、日本においてさえ当時の大日本帝国を非難する立場からそれを間接的に是認する見方も古くからあります。

しかし人間は相互に争うことを宿命づけられた動物であるにしても、同時に理性を持ち合わせた霊長類であり、本能のままに殺し合うのではなく、一定の人間としての理性の枠をはめ、戦時においても人の尊厳を踏みにじることを諫め、人権にもとる行為を避けることをルールとしてきました。

植民地戦争で用いられたダムダム弾はハーグ陸戦協定で禁止され、第一次世界大戦で用いられた毒ガスはジュネーブ議定書で禁止されました。

核は未だ禁止兵器とはなっていませんが、アメリカがハノイにもバクダットにも核を落とず、ソ連でさえアフガニスタンに落とすことをしなかったのは、その兵器としての有効性以上に人道的に容易に使用できない兵器であることを世界が認識しているからに他なりません。

相互確定破壊理論に基づく核抑止力は迎撃兵器が進歩すれば相殺される可能性がありますが、人権のコンセンサスに基づく核使用に対する抑止力はその心がある限りずっと続きます。

長崎が人類最後の核兵器使用地として歴史にその名が刻まれる様、私たちはその心を持ち続けていかなくてはならないと思うのです。
Go toキャンペーンを使って、長崎は行ってきた方が良いと勧められました。
江戸時代に独特の文化が生まれて、それが息づいていて、そこに落とされた原爆に対する地元の人々の姿勢が、広島とは違うよ…と。

せっかく行くならじっくり観たいと思い、コロナが落ち着くタイミングを待っています。
今日は長崎の被爆から75年の節目となる「原爆の日」になります。
当時の悲惨な状況を語ってくださる方々も年々少なくなっていると思います。平和の大切さをみんなで伝えていかないといけませんね。
時差はあるけど、そっと目を閉じます この国で