新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
戦争というものは、武力の争いではなく、総経済力の高さが多い方が勝つ仕組みです。自国だけでなんとかしろというのはいつの時代の話をしているのでしょう?かつて、日中戦争が始まった時、中国が考えていたことは、「とにかく日中の戦争にアメリカとソ連を巻き込ませてしまえば、中国は勝たないまでも負けない」という戦略でした。そのため中国は、上海や南京陥落しようと降伏せず、ひたすら戦争を長引かせるための戦い方をしていました。
単独で戦う国が戦争に勝つことはありません。
関連記事一覧
米国で高まる仮想通貨熱 76%がポジティブ、日本は22%にとどまる
ITmedia ビジネスオンライン
114Picks

敵基地攻撃能力や日米同盟 韓国の防衛計画を読めば見えてくる、日本の課題 
朝日新聞GLOBE+
40Picks

あとたった5年!「2025年問題」で日本はどうなる?
ZUU Online|経済金融メディア
25Picks

日本が台湾と関係強化しないこと希望=岸新防衛相に関し中国
U.S.
11Picks

バイデン氏、日本防衛に「揺るぎない」決意 菅氏と電話会談
AFP
5Picks

日本学術会議は中国の「千人計画」には積極的に協力し、日本での防衛省予算を使った研究開発には参加を禁じていることが判明!
こぐま速報
5Picks

独身2.4億人の中国「我々もすぐ日本のようになる」 日本のあのニュースに相次ぐ共感
ハフポスト日本版
4Picks

中国政府が日本の敵基地攻撃能力議論を「専守防衛の約束を真剣に履行するよう促す」と牽制! : 軍事・ミリタリー速報☆彡
軍事・ミリタリー速報☆彡
4Picks

「日本の好きなところを教えて」岸田文雄、石破茂、菅義偉の3氏の答えは?(自民党総裁選)
ハフポスト日本版
3Picks

「米国黒幕説」に拘泥する中国共産党は、日本の香港政策を理解できない - 加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ
Diamond Online
3Picks