新着Pick
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国セブン-イレブンはリアル店舗を買収し、圧倒的シェア1位に。それで株価が下がったわけですが、米国セブン-イレブンではデリバリーや事前オーダープックアップなどデジタル化も進んでいます。全米への拠点拡大で、デリバリーチャネルが整備され、さらにきめ細かな対応ができるようになる。セブンの強みは、エリアごとに食材の加工センターを作ること。鮮度を高め、美味しさへのこだわりも忘れていません。アマゾンやWalmartに対抗するぞんざいになるか、おもしろくなってきました。
決算がコロナ禍の実態を映し出してきました。こちらには業界を代表する大企業が取り上げられていますが、コロナ禍で最高益を更新した企業ランキングなどをみると特定の部品メーカーやファーマー、ブルーオーシャン的な独自戦略をとる企業など粒度をより具体化して考察することができます。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
2.82 兆円

業績