新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
別記事からですが、ライドシェアは利益かができてます。コロナ影響はありますが、ライドシェアでキャッシュを生みつつ、成長領域であるフードデリバリーやグローサリーのオンデマンドラストマイルデリバリー事業に注力していく方向性はしっくりきます。

Delivery gross bookings: $6.96 billion

Mobility gross bookings: $3.05 billion

Here’s how those gross bookings results turned into adjusted net revenue:

Delivery adjusted net revenue: $885 million

Mobility adjusted net revenue: $793 million

And how those revenue results turned into adjusted profit, and adjusted losses:

Delivery adjusted EBITDA: -$232 million

Mobility adjusted EBITDA: $50 million
Postmatesの買収もありましたが、人的配送ありきだと儲かり辛いフードデリバリーにおいて、シェア獲得にアクセルを踏み切るのか、少しずつ利益を出せる体制にしていくのか。この辺りの変化も競争激しい中で気になるところです。
株式会社形態や法人形態では、様々な制約や基準があるが、個人事業ではそれらが無いか、相当緩い。

この緩さを衝き、個人にビジネスリスクを過剰に寄せたビジネスモデルは長続きしない。

それは、バリューチェーンでつながる事業では、そのうちでの一人勝ちは許されない。
バリューチェーン全体での富の偏在でしかないからだ。
一頃は、経営体質や運転手の待遇の悪さなどで、散々叩かれて危険水域に陥ったウーバー。

コロナ特需でウーバーイーツが好調のようですね。

ただ、本来のライドシェアの方はどうなのでしょう???
両利き経営の探索と深化の好事例ですね。