新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
口コミサイトの賑わいなどを見てもわかるように、社内・社外コミュニケーションの壁はかなり下がっている、と言うか「ほとんど無い」ものと思っています。つまり社内の実情はそのまま社外への「コーポレートイメージ」となり、その会社に対するマーケットの評判もそのまま社内のモラルやマインド、モチベーションに繋がる。このように感じています。

総論的には話になってしまいますが、雑に言ってしまうと、クリティカルな採用の時だけ「良い会社」ぶっても仕方なく、結局は「日頃の行い」。もちろん、タレントマーケットへの戦略的なアプローチは、それはそれで必要且つ有意義だと思いますが、今居る社員に対して「Great Place to Work」であろうとする不断の姿勢が最終的には「モノを言う」ように思います。
今の時代ならフルフレックス、制限なしリモートワーク、副業可は必須ですよね。また、いいエンジニアは今値千金。金銭報酬も重要ですが、面白い仕事を裁量を持って取り組めることがいいエンジニアを引きつけるとIT企業のCEO曰く。魅力的なベンチャーならいざ知らず、日本の老舗企業が「尖った人材がこない」というのを聞くと「御社にくる人は安定を求める方なので無理です・・・」とつい言いたくなってしまう。人事が採用するというよりも、配属先が決まっていて、そこのチームメンバーが面談して決めるというのが、今後は当たり前になっていくのではと思います。
「いい人」って、どんな人?

まさか、単に高学歴だとか考えていないとは思いますが。

他社にとって必要な人材と、自社にとって必要な人材は、必ずしも同じではありません。

本当に欲しい人材には、条件その他をケチらないことです。もちろん、その前にお互いの強い共感が必要ですが。
採用力を高めるための演出方法は多々ありますが、いくら採っても継続率が低ければ採用コストがかさむだけです。

中身を磨くことと、その優れた中身や特徴がわかりやすく魅力的に伝わるよう、在り方を発信し続けることが大事だと思います。
「いい人が採れない」と言って半年以上ポジション空席…というケースを見かけますが、雇用(社員)にこだわらず業務委託(フリーランス・副業)もふくめて検討したらかなり解決できるのではないかと思います。
良い会社ってなんだろう? いい人ってどんな人なのだろう?
今働いている人々がエンゲージされ活きいきと働いている会社であれば、良い会社と言えよう。
いい人とは、企業から見て戦力となりポテンシャルのある人材か?  
いい人が採れないのであれば、いい人の定義に問題があるか、会社の社員からの評価が低いなどの可能性が考えられる。
中々難しいですね。。

会社と従業員の関係は
家族的関係からパートナーになっていきます。
定性的な雰囲気だけでなく、
定量的な数値や報酬システムの明示を、

パートナー関係がなくなる事を前提とした
採用システムの構築が必要になるでしょう。
クレディーセゾンは、林野社長がものすごく正直な感じに見えて、すごく面白い感じの方なので書いてある採用に向いた企業な気がします。

いい人が取れないと言う前に、いい会社にならなきゃいけないってことですかね
「いい人が採れない」経営者の口癖とも言える。それだけ採用が経営には大切だ。一方で凡事徹底できている会社とそうでない会社がある。やはり基礎基本が大事。

当たり前の徹底の積み上げ、PDCA、やりきりこそが大事ですね。その当たり前が何かが理解できるとあとは実行するだけです。

ベンチャー採用/スタートアップ採用戦略のバイブル「採用力」のある企業は何が違うのか?
https://keyplayers.jp/archives/5174/
単純に給料上げて、待遇を良くすればよろしいのでは。