新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全米調査で民主党が共和党を上回る状況は、2016年も続いていました。前回大統領選も、全米得票率はクリントン氏が勝っていましたが、トランプ氏が多くの接戦州を制して勝利しました。世論調査の精度は全米については高かったのですが、州については粗いものもあり、またそもそも接戦なので優劣がつけがたく予測が外れたような結果になりました。

今回の各州の調査データをみていると、前回以上にトランプ氏は厳しい戦いを強いられているのは確かだと思います。ただ、前回は投票直前になって接戦州のトランプ氏の支持がことごとく急伸したのを覚えています。日本の自公とその他の力関係と違い、米国の民主党と共和党は互角の力相撲になりますので、最終盤までしっかりみていかなければなりません。
イギリスのブックメーカーの予測はあくまでも現状の延長に基づくオッズなので、現在のコンセンサスはバイデン勝利ということなんだろうな。ただ三ヶ月あるのでこれが変わっていく可能性はあるが、パンデミック対応も含め、トランプが自滅していく可能性もある。
ド素人の思いつき政治はもうたくさんです。バイデン氏のような職業政治家に一度、立て直しをお願いしたいです。民主主義国家は時々、選挙を通じて、俳優あがりや狂人などをトップに選んでしまうことがあります。それでも官僚主導が続く限りは、大してマイナスは目立ちませんでした。しかしトランプ氏の場合は、共和党内の一番「好戦」的な集団と組み、テレビショーのレベルで政治を動かし始めたため、今日のように不要な対立や混乱を生み続けました。特に、有権者のいない外国を相手に悪口を言いまくるような扇動型政治家は、かなり悪質です。

日本で政治主張をライフワークにしているような人たちは、トランプ氏を持ち上げたり、「アメリカが言っているから日本も続け」と叫びます。しかし、グローバルな経済活動にコミットし、現場で実務に関わっている人たちからすると、政治や行政を思いつきでやられてしまうのは、迷惑千万です。テレビショーは、好き勝手にテレビの中でやっていただきたいです。オバマ政権時代、バカ評論家たちは、大統領のリーダーシップ欠如をやり玉に挙げていましたが、一定の方向に緩やかに流れを作っていくのが本当の政治力です。目立ちたいだけの政治家は百害あって一利なしです。
マイケル・ムーアが2018年に公開した「華氏119(注:華氏911ではありません)」を、今、改めて観ると、2016年の状況が、デジャビューのように再現されそう…という危機感を感じます。

2016年、誰もがヒラリー・クリントンが初の女性大統領になると確信していましたが、当選したのは現大統領でした。

【公式】『華氏119』本予告 11.2公開
https://www.youtube.com/watch?v=zjX7_aapxTA

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
大事ですねぇ、副大統領候補選び

でもまだ分かりませんよ、特にあと3ヶ月で、コロナの悪状況を皆さんが仕方ないと慣れってきちゃって (またはクスリの良い知らせがあって)、中国がメリケン人のコロナストレスのスケープゴートになっていく、という流れが起きると

ただちょっと盛り上がりませんねぇ、大統領選が消去法では もっとエキサイティングでしたねぇ、 オバマさんの時も、前回のトランプさんの選挙も

ワタシも今回は郵便投票にしました それも盛り上がらない原因の一つかもです
ここにきてトランプが追い上げているのは、バイデンの建前に不満がつのっているのだろうか。
あっと今に米大統領選まで100日を切ってました汗
英ブックメーカー大手「ラドブロークス・コーラル・グループ」やニュージーランドに拠点を置く「プレディクトイット」では、いずれもバイデン氏がトランプ氏の勝率を上回り、その差が縮小しているそうです。
世論調査ほど差はないでしょう
バイデンは77歳

大統領選挙が行われる11月に78歳の誕生日を迎える

「米国のZogbyの調査によれば、米国の有権者の実に55%が『 バイデンは初期の認知症である 』と感じているようで、若者になるとその比率は60%を超えています

また共和党支持者は77%が、民主党支持者でも32%が認知機能低下を感じているようで、共和党支持者だけによる攻撃的発言ではないことが見えてきます

それもそのはずで、新型コロナ禍でここのところデラウェア州にある自宅から外に出ていないことで失言や言い間違いなどはあまり表ざたになっていないようですが

中国を北朝鮮と言い間違えたり、イランとイラク、メルケルとサッチャー、習近平とトウ小平を誤認するなど、滅茶苦茶なのは相当に知れ渡っている様子

この3月のスーパーチューズデーをスーパーサーズデーと呼んだあたりから、もう決定的な状況に陥りつつあることが明らかになったようです」

https://www.mag2.com/p/money/942471