新着Pick
341Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイトダンス社は、中国本土の中国版TikTok(DOUYIN)で稼いだ潤沢なキャッシュとノウハウをTikTokに注いでいるから、大成功しているのであって、世界版のTikTokのみを分離させてマイクロソフトが運用するとなると、確実にパワーが弱まってしまうだろう。実際に、DOUYINとTikTokのマーケチームは同じビル、同じ階の隣の島だった。そのくらい、綿密に日々情報交換をしていたのだ。

更に、北京本社側の若い20代のマネジメント陣のセンス、アイディア、スピード感をもってTikTokは短期間の間で大きく進化してきたのだが、成熟した大人な企業であるマイクロソフト傘下に入った場合、同じようなスピード感が出せるのだろうか。

いずれにせよ、プロダクトに取って最善の方向性に向かって欲しいと願うばかり…。
TikTokを含む中国アプリの禁止への
インド政府の公式見解は

1)インド人の個人情報が中国側のサーバーに流れていて
  プライバシーが守られていない
2)中国は、インド企業に中国市場への公平なアクセスを認めてない
  (インドが中国企業に認めているように)

同じ時期にカシミールで印中両軍の衝突で死者がでたが、
それは明示的には禁止の理由にはあげられていない
※個人的には、インド国民の間での対中感情は急速に悪化しており
 禁止を決定する後押しにはなったと、見ている

もし、マイクロソフトが買収するなら
マイクロソフトはインド国内に大規模な拠点を持っており
上記問題は解決されると思う。

ここ数週間は、インドでTikTokが退場した穴を埋めようと、
いろんな企業が蠢き始めていたが、
仮にMSの下でTikTokが再開されると、
インドのConsumer Tech分野の勢力図が
どうなっていくか、更に目が離せなくなる。
これは国の対立にそれぞれの利益を代表するグローバル企業が動いている構図で面白いですね。ただこの辺りのSNSは栄枯盛衰が激しい。TikTokは買収されるころには中国以外ではブームが去りそうな気も…ノウハウも中国に溜まっていそうで、ナレッジの移転も難しいのではないかなぁ…
そもそも中国の出方も気になります。今回のこの一連の報道は、MS側がメディアを使って牽制に出ているということなのかしら?
国の力を使い、強制にある国の企業を自国の企業に売却させ、その政府は売却の利益の一部を享受するというやり方では
17世紀の海賊、18世紀の植民地方式とは少しも変化していない。
弱肉強食。
資本主義体制を取っている地域では悪しき前例をまた一つ作った。
インドは米国より先にTiktokをバンしてる。欧州の多くの国も中国による投資規制は強めておりファーウェイ対応を見てもいいずれバンする可能性は少なく見積もって五分はある。よって自然だろう。特にTiktok最大ユーザのインドを放置するのはあり得ない。
無論それと、そもそもMSが買うべきかどうかの本質論とは別。あくまで買うならばという話。
LinkedInは有しているものの、メガSNSを持たないマイクロソフトにとっては千載一遇のチャンス到来。

一方、生き残りをかけるByteDance社にとってもまたとない機会。うまく成立すればお互いにとって良いディールになる気がしていますが、ByteDanceは中国本国で『アメリカの軍門に下る売国奴』と批判されており、中国国民から批判を受けているのが心配なところ。
TikTok全世界事業=中国のDouyin(抖音)を除いた事業、ということだと思う。
下記でも書いたが、2017年にMusical.lyを買収。Musical.lyは中国発だがWeChatなどには連携せずに米系SNSに連携させて拡大させた。国を含めたデモグラフィーによって訴求の仕方が違う部分もあろうが、元々Bytedanceで働かれていた黄さんのコメントをみると(ありがとうございます!)、現在は統合されているものをバラすことの、組織面やインフラ面の実務は論点が色々ありそう。
あと、消費者向けサービスの買収は、AOLしかり、高値掴みになりがち。Facebookの場合は、自社でより強いチャネルをもっていて相乗効果をこれまで発揮できてきたが、そうでないパターンで買収で価値が増加したもの、パッとあまり出てこない。
https://newspicks.com/news/5114253
そりゃそうでしょ。今後は中国とそれ以外に分かれていく。なので中国以外の全世界事業の買収に動くのは当然。世界のネットは分断されていく。ロシア、トルコ、イランもそれぞれ別の世界へいくと思う。注目はEUやインドがどうなっていくか。西側が団結できるか否か
これほどまでにテクノロジー(技術)とビジネス(事業)とポリティクス(政治)が密接に絡む案件も少ないですよね。ビジネスだけでこの買収をどうこう考察できないのが難しいところ。誰の何のためにこの買収が検討されているのか。

直接は関係しないですが、TikTokを運営するバイトダンス社に多額の出資をしているのがソフトバンクのビジョンファンド。彼らはLPとしてサウジからの出資も受けて、米国や中国のテクノロジー企業へと出資しているため、このあたりの地政学はかなり考えながら動いている、と話を聞いたことがあります。

願わくば、ユーザーが置き去りにされない形で検討が進むことを期待したいですね
「プラットフォーマーにはならない」…これがMicrosoftの基本戦略ですが、TikTokを買収してしまうと、それが揺らぐことになりますよね?

確かに、TikTokは、現時点では完全なプラットフォームではありませんが、あと一歩で、その座を手にすることができます。

Microsoftが買収するということは、TikTokはプラットフォームを目指さない方向に方向転換するのでしょうか?

そうだとしたら、TikTokに期待していたインフルエンサーや広告企業の落胆は大きいでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績