新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドは世界最大のワクチン生産国で、世界中に予防接種用のワクチンを供給しています。インドの数あるワクチン製造企業の中でも、「ワクチン王」として知られるプーナワラ家は、タタ財閥の創業家と同じでゾロアスター教徒(ファルシー)の一族です。
 インドは、ワクチンに限らず、世界有数の製薬大国ですが、いわばジェネリック医薬品大国です。どうもインドは日本や中国とはかなり違う社会で、家電製品や自動車といった機械製造で世界の工場となり、高度経済成長を果たす、ということは、なさそうです。しかし、ソフトウェアや製薬といった知識集約型産業で急成長を続けています。インド社会の複雑さと多様性、社会的な分断によって、知識階層の非常に長い歴史的伝統から、プーナワラ家のような起業家が輩出されています。
 インドは世界有数の製薬大国ですが、いわばジェネリック医薬品大国です。インドの多岐に渡る医薬品製造は、インド政府が率先して国際特許を無視することで、可能になっています。インド政府がTPPやRCMPといった多国間の自由貿易協定に加盟したがらない大きな理由の一つでもあります。そうして、プーナワラ家の出身地であるムンバイとその近郊は、世界的な医薬品生産の中心地として成長してきました。
 インドで生産されたワクチンを含む医薬品は、国連や国境なき医師団にも使用されており、途上国の劇的な感染症減少や児童死亡率の減少を実現させました。インドのジェネリック医薬品は、インドにとってもですが、その他の世界中の途上国の医療に不可欠です。
 とにかく、医薬品を、何十億という単位で、世界中に行き渡らせようとすれば、インドで生産するしかありません。インド政府も、新型コロナウィルスの世界的流行に際して、インドの医薬品産業が主導的な立場に躍り出る一大機会と見ているところがあり、新薬・ワクチン開発の支援や、医薬品の輸出統制に非常に積極的です。

印セラムがコロナワクチン 生産最大手、低コスト
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60994890Q0A630C2FFJ000?unlock=1&s=3
私財を供出してまでもワクチン製造にかける。その志の高さに感銘しました。
私の友人知人のインド人の多くが
セーラムのこの取り組みに期待し、
誇りに思っています。

私自身何度か仕事でセーラム本社には行きましたが、
巨大な敷地に先進的な設備を有する工場でした。
インドの化学系の財閥企業で勝てているところは
大量生産によるコスト優位をKSFにしているのが、特徴です。
ワクチン一つの製造コストは、世界で一番安いと、
セーラムの人間は豪語します。

ただ、臨床試験の段階で大量生産を開始するのは
本当に大きな賭けですね。
使命感からか、なんらかの勝てる算段があるのか、
今後が注目されます。