新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第一四半期はすべてのセグメントが赤字に。今の事業ドメインだけでは回復・成長への決め手が欠ける印象が免れません。キヤノンも言っていたと記憶しますが、会社が考える事業戦略の時間軸を遥かに超えるスピードで環境が変化している印象。光加工にシフトするなら退路を経つくらいのスタンスが必要なのかもしれません。
ニコンは新型コロナの前から発売予定のレンズが延期になったり、まだ報道はFマウント中心とはいえZマウントレンズの発売順序が東京五輪を念頭に置いているのか疑わしい状況だったりしたので、カメラ事業をいまの規模で継続できるか心配です。実際、国内の通信社ではニコンの先行き懸念でソニーに鞍替えしたベテランもいました。数年前まで信じられないことが起きています。

世界三大通信社では、APが先日ソニーと提携を発表。ReutersはUPI時代も含めてキヤノンが長いです。唯一AFPがD3が出たタイミングでキヤノンからニコンに鞍替えして現在に至ります。

私が写真記者になった2000年代前半はキヤノン全盛期というか3社全部キヤノンでした。D2HsからEOS-1D Mark II Nに乗り換える時はビックカメラに通い、一風変わったユーザーインターフェースを習得しました。ニコンはこの頃と比べればだいぶ巻き返しましたが、動画など資金力がないと厳しい時代に入っており、ニコン単独でのカメラ事業継続は徐々に難しくなりはしないかとD5を使う者として不安を感じてます。
デジカメについては、いずれ来ることが、より早くきた。構造改革スピードアップだともいえる。その意味では、むしろ、数年前に、下り坂の事業に先行投資をしたのが悔やまれる。3Dプリンタや、新規事業に期待したい。
オリンパスとは対照的な戦略なので、今後の方向性をどうするのか注目です。

こうなってくると、多くのラインナップを持つ大手カメラメーカーが苦戦し、シグマのようなニッチなモデルのみのカメラメーカーは、有利になりますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
元々ツラい所にコロナ。泣きっ面に蜂。

普段撮りがスマホに置き換わってるのは確かだが、
やはり望遠かつ確実にシャッターが切れて瞬間を逃さない一眼レフは大切なイベントでは必要不可欠。

しかし、そのイベントがことごとく中止。
ウチの息子の保育園も運動会やら夏祭りやら中止。

プライベートでワザワザカメラ買う人はこの様なイベントが1番の購入トリガーでしょう。カミさんに説明しやすいですし。

それが無いのだから。
そりゃ買えない。そりゃ売れない。どうしようもない。
品川区大井町(西大井)の光学通りが最近寂しくなってきました。。
株式会社ニコン(英語: Nikon Corporation)は、日本の光学機器メーカー。カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。 ウィキペディア
時価総額
2,482 億円

業績