新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしく意義深い企画だと思います。
時代に合わせて伝え方を変え、戦争の悲惨さを伝えていく必要があります。戦争や核の悲惨さに対する意識が薄れていくことで、人は容易に戦争という選択肢を取ってしまうからです。
その点、今の若い世代が入りやすく、理解しづらい今回の企画は秀逸だと思いました。ぜひまだ見てない方は見てみてください。
ホロコースト時代にインスタグラムがあったらという企画で世界的に有名になったEva. Storiesの日本版ですね。

この春にNHKのオンラインイベントに招かれ、戦争の記憶をどう語り継ぐかを議論した際に、この手法を提案しました。

あの戦争を体験したのは、僕たちと同じような日常を送っていた祖先たちで、いまと地続きなことを感じてもらいたいです。
ツイートがつくられるまでのプロセスを、NHKのBS1スペシャルで丁寧に描いています。日記をもとに、日記の主と同じ行程を何十キロも歩いたり、その現場に立って何が見えたかを想像したり、日記を書いた高齢の男性が子どもたちのツイートを見て「何もわかっていない」「全然面白くない」と叱りつけたりと、大変ひき込まれる内容でした。風化させないということは、つまるところ、歴史を現代のタイムラインに常にアップデートし続けることだと思います。SNSをその媒介にしたアイデアと、それを番組に結実させた構成力は大したものだと思います。別の話ですが、レバノンの爆発を撮影した映像が次々とSNSに投稿されるのを見ながら、8月6日の時点で、スマホとSNSがあったなら、と想像をめぐらせています。
不思議ですね。タイムラインに流れてくるともの凄くリアルに感じます。
当時は報道管制も引かれていましたから実際に広島にいたとしても不安しかなかったと思いますし、広島以外にいたら気にもしていないかもしれない。
報道とはなんなのかを考えてしまいました。
私たちの日常生活に溶け込む形で関心を高めてくれる、素晴らしい取り組みだと思います。

過去に壮絶な体験をされた方の手記を拝見すると、かつては「書くこと」が想いを残すための貴重な手段だったと気付かされます。物理的に書くことは疲れるし、紙にも限りがあったかもしれない。それでも書く人の気持ちを今の私たちが想像するのは、非常に難しくなっていると思います。

誰でも気軽に全世界に向けて書けるようになったのはいいことではありますが、誰に見られるかもわからないが何か残したいという気持ちで書かれた手記に触れて、何かを置き去りにしている気がしてはっとさせられます。
「1945ひろしまタイムライン」私もチェックしていました。
今日の8時15分前後で世界観が変わってしまう様が、実際にリアルにあったということをSNSの体験を通じて多くの人が実感することに意義があるような気がします
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.35 兆円

業績

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア