新着Pick
553Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1980年代にエチオピアなどのアフリカ諸国で100万人以上が飢餓で亡くなっていた時に、日本をはじめ先進諸国では飽食していた、というのはよく知られたことです。
 世界全体の農業生産が、全世界の人口が食べていくのには足りなくなる、ということは、まず起こりません。現在でも、世界全体の食料生産は、全人類の2倍の人口を養ってもなお余りあります。それでも世界のどこかで飢えて死ぬ人が何百万人も毎年出る、というのが経済の仕組みです。
 世界全体では余るほど食料があるのに、一部の国では餓死者が続出するのはなぜか、というと、その国には食料を輸入するだけの外貨が無かったからです。北朝鮮なども、いかに非人道的で抑圧的な体制であっても、国民が飢えて死ぬことは望ましくないので、十分な外貨があれば食料を輸入していたでしょう。
 そもそも日本の場合、食料自給率を上げるといっても、農業機械を動かすのにも、外貨を払って原油を輸入しなければなりません。それに、電力や流通網が止まれば、食料自給も何もあったものではありません。結局、まず必要なのは、国際的に強い通貨を持ち、十分な外貨準備がある、ということになります。
 それと、多角的な貿易が可能であるように、多くの国と良好な外交関係を構築しておくことです。1941年の日本は、米国との関係が悪化しただけで原油が輸入できなくなり、詰みました。今北朝鮮やイランがそうであり、中国がそうなりつつあるように、今後、外貨があるからといって、日本がどこの国とも自由に貿易ができるとは限りません。いくつかの国と貿易ができなくなっても、他の選択肢を持っているようにすることが、安全保障でしょう。
取材協力させていただき、コメントを引用していただきました。食料安全保障の問題はともすれば農水省主導の議論になりやすく、本当の意味での「安全保障」から離れて、「農家の安全保障」のようになってしまう傾向があるので、きちんとその本質を考えるべきだという問題提起は大事だと思います。
今のところコロナ禍での影響は大きくないようですが、台風シーズンとなり国産農作物への影響が心配です。2016年の台風の影響で国産ジャガイモの供給量が減り、翌年の春頃から市中のポテトチップスが姿を消したのは記憶に新しいところ。以来、なまジャガイモのアメリカからの輸入が少しずつ増えています。あまり語られていませんが、過去の検疫の歴史から振り返ると大きな出来事でした。加工品と違って今も厳しい検疫の制約があり、例えばなまジャガイモにありがちな「土」は輸入品に付いていてはいけません。水際でそれを検査する手間があります。ここ数年は国産が安定的に供給されていますが、コンビニのポテチのウラパッケージで確認すると、ある時期にアメリカ産ポテトに遭遇する機会があると思います。
ちょっと違う観点から。
自給率の回復を目指すのもアリだとは思う(あくまでも「アリ」であって、絶対的な賛成ではない)。エネルギーと比較して、食料のほうが特定の国に偏っていないという点で重要度は低いが、いざ止まったときのオプションがどれだけあるかは交渉力につながる。
一方で、それであれば、安定供給・入手可能性を広げるための施策が必要。大規模化はそのために必須だと思うが、十分に進んでいないように、いくつか資料を見る限りは思う。
①は農地面積の推移で減少基調。②は平均面積の推移などがある大規模化の推移の状況。たしかに平均の規模は増加している一方で、様々な農機が進化する中で、稲作については1960→2010年で2倍にしかなっていないという見方もできる。そして1戸あたりの平均面積は100アール(1ヘクタール)、2番目のスライドの面積と生産コストの関係を見るとまだまだ下げる余地がある。
そこを一致させて進めないといけない中で、票田となっていることを背景に、政策と施策が合致していない状況に見える。

https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h27/h27_h/trend/part1/chap2/c2_0_02.html
https://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/meeting/2011/agri/120712/item2-2_2.pdf
国際情勢が不安定になると、話題になります。
食料自給率と合わせて考えたいのが、エネルギー自給率。
https://mi-mollet.com/articles/-/24229
ボーダレス・ジャパンの田口一成さんのインタビューです。
以前米の不作で、米が入手しにくい状況になったことがあります。江戸時代には米騒動に発展したことも。

生存に不可欠な食糧をどう確保するかを真剣に考えるようになったことは前進です。それが食の安全保障。

自給率と食料安全保障はセットで考えなければならない問題ですね。
日本の食料自給率は、種苗・エネルギー、肥料、農薬までを含めると、ほぼ0%になります。
種苗の9割は海外からの輸入、日本人のソールフードとされている米の種苗でさえも海外に依存しています。
エネルギー、肥料、農薬もほぼ海外からの輸入に依存しているため、ほぼゼロの食料自給率となります。
食料自給率の計算方法を見直し、日本の現状を直視し、そこから食料安全保障を真剣に検討すべきだと思います。
漫画もやしもんで「食料自給率問題なんて問題は存在しない」と言い切ってて、なるほどなと思ったことがあります。

私も同感です。コメント欄でも様々指摘されている廃棄の問題や、家畜用食料を含んだ計算(家畜用の食料は輸入が多い)など、数字の根拠も曖昧です。

一方で最近思うのは世界の人口増による、世界的な食料不足について。昆虫食や代用肉などの研究が活発になってきています。

あくまで個人的な好みとしては昆虫や代用肉より、今の食生活を続けたいです。幸い、日本は人口増の悩みはありませんから(逆はあるが)、食料自給率が高ければ、美味しい肉や魚を食べ続けることができます。(資本の論理での価格高等などはあるかもれないが)

そういう意味で見直すと、「食料安全保障」はどうなるのでしょうか。