[台北/北京 5日 ロイター] - 米厚生省は4日、アザー厚生長官が数日内に代表団を率いて台湾を訪問すると発表した。米国政府としては1979年の断交以降で最高レベルの台湾訪問になる。中国外務省は5日、米国に抗議したと明らかにした。

米厚生省の声明によると、アザー長官はトランプ大統領の代理として、台湾当局のカウンターパートのほか、新型コロナウイルス対策の担当者や専門家らと意見交換する見通し。

台湾外交部(外務省)は声明でアザー長官は蔡英文総統とも会談するとし、同長官の訪問は台湾に対する米国の確固たる支持と関係の緊密さを示していると表明した。

長官は声明で「台湾は新型コロナウイルス感染症が大流行する間もそのずっと以前からも国際公衆衛生において透明性と協力で模範的存在だった」と指摘した。

台湾の国際公衆衛生における主導的役割に対するトランプ大統領の支持を伝えたいとしたほか、米国と台湾は自由で民主的な社会が市民の健康を守り推進していく最良のモデルであるという認識を共有しているとも述べた。

米厚生省はアザー長官の訪台を「歴史的」とし、米疾病対策センター(CDC)のウルフ主席医務官(CMO)らが同行する予定と明らかにした。

米閣僚による台湾訪問は2014年のマッカーシー環境保護局(EPA)長官以来となる。厚生長官はEPA長官よりも高位となる。

中国外務省の汪文斌報道官は5日の会見で、米国と台湾の当局者の往来に断固反対すると表明した。

*中国外務省のコメントを追加しました。