新着Pick
1167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本からも新しいノーコードは生まれています。国内には個人でECアプリを作れるサービスの主流はなく、求められている領域の一つです。この領域にチャレンジする23歳の若き起業家の見定める勝ち筋、野望を取材しました。

福田さんには、第一回のインフォグラフィクの取材にもご協力いただきましたが、エンジニアでない人間にはなかなか理解できない、ノーコードの世界を素人にもわかりやすくお話いただいています。私もスーパーパワー欲しいです。
Shopifyの株価はここ数カ月で急上昇しています。COVID-19でオンラインショップのニーズが高まったため、リアル店舗で営業していたところがこぞってShopifyに駆け込んでいるからです。

オンラインだけでなく、今ではリアルの店舗展開も可能にするさまざまなツールを用意しているのも強みです。

Shopifyの決済Shopify Paymentsを担っているのは、ここに紹介されているStripe。アイルランド出身のコリソン兄弟が打倒ペイパルをめざして立ち上げた会社です。

ノーコードにはノーコード。ノーコード連合がデジタルトランスフォーションを加速します。これらかさまざまな分野でノーコードが登場するでしょうね。
これはとても分かりやすい。抽象化するのがうまいと話がスッと入ってきます。ノーコードはバズワードになったのでついていけてない人はこの記事を読むと知った気になれます。それでもう少し興味を持ったらBASEでショップを作ってみるといいと思います。
「ノーコード」をテーマとしたアイスブレイクができる人はビジネスマンで10%くらいしかいないでしょうし、BASEの管理画面を触った事があれば1%くらいにはなれそうです。そうなると会話の主導権を持って話せます。知ったかぶりとしては十分すぎる
ノーコードを概念的・構造的にもわかりやすく理解できる良記事です。
記事の後半、ノーコードはローコードでも言われるという部分の話が特にわかりやすかったです。

>>>
AWSなどがインフラの抽象化をした結果、クラウドで誰でもWebサービスが利用できるようになったのと同様、今回のノーコードも特定のユースケースに対する抽象化を行った結果、それに必要とされていたコードが必要なくなったということじゃないか
>>>

アプリ作成のノーコード化で売上が急増する事例もすでに作っていっているようですし、今後のApplifyそして、福田さんの今後の飛躍も楽しみですね!
コロナのこの時期に、
① 消費が伸びているEC、②デジタルで過ごす時間が増えた人と親和性の高いノーコード
の2つに着目したのはセンスが良いですね
頼もしい人材。