新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在進行形で、8年目の夏季英語セミナーSummer in JAPANをオンラインで開催中です。学びの場をオンラインに移行するハードルは、通信環境や家庭のリテラシーなどもありますが、一番痛感していることは、すべて「明文化」すること。

物理的に生徒がいればささっと5秒で教えてあげられるようなことも、全てテキスト化して連絡しなければならない、これは意外にもかなり難しい点です。さらに、柔らかい口語ではなくなるので、受け取る側の気持ちを考えた言い方にしなければならない。

人がいかに物理的なコミュニケーションに頼っているかを実感しつつ、ひたすら学びの毎日です。
現在190か国でおよそ16億人が教育を受けられない状況は異常。

・かろうじて学校再開できている国・地域・学校(元通りに近い)
・自宅学習を推奨している学校(退化)
・完全オンライン移行できている学校(進化)

格差はますますひろがるばかり。

特に途上国の状況が心配です。直近10年で積み上げてきた支援が水の泡になってしまったという声も聞く。

親ができることは、このような状況の中でいかに正しい判断ができるか。オンライン教育に移行することが「どうなるかわからないから不安」という声をよく聞く。でも、大人が子どもたちに見せていかないといけないのが、不確実な状況の中で意思決定する、その姿ではないだろうか。
私のいるフィリピンも学校の再開時期が決まりません。年内は対面式の授業をおこなわないと言っていますが、要するにいつ再開するかは分からないのです。
オンラインで授業を始めようにも、貧富の差が激しく、環境が整えられない子供たちが殆どです。
日本はいろいろ言われていますが、フィリピンからみていると贅沢な悩みです。
完璧にできなくても、徐々に進んでいる所は凄いと思いますし、羨ましく思います。
日本の子供達には、勉強できることに感謝してもらいたいです。
コロナ禍は 教育にも大きな課題を突きつけている。
発展途上国へのODAは、急務であろう。
また日本の教育の変革も必要。 今までのテンポでは課題が積み重なるばかり。 強いリーダーシップと、スピードが今の日本に必要。
ある意味で難しいのは、結局、研究者たちや専門家たちも「よくわかっていない」のが現実で、「これまでの経験」で語るしか無いし、
また、国や時期によってデータや統計が異なるしで、判断基準が作りずらいのでしょうね。

しかし、イギリス女王がリーマンショックの時に、「経済の専門家は誰もこれを予見できなかったの?」と仰ったそうですが、あまりに複雑化したグローバル社会においては、過去の経験値が全く役に立たないことは往々にしてあり、混乱により拍車がかかることがあります。

ただ、リーマンショックやかつての日本の金融政策の失敗などから、
多くの国や人々が学び、より金融のシステムは強固になりました。

今回の経験で、人類の医療に対する理解が深くなることでトレードオフになることを期待しましょう。
「190か国でおよそ16億人が教育を受けられない」
日本もそうですが、オンライン学習を取り入れられる学校ばかりではないと思います。再開が長引くと子供達への影響が心配です。
感染封じ込めは、ワクチン完成まで無理なので、当面は世界的に学校を早期に再開するのは難しいでしょう。

オンラインでやればいいという話もありますが、先進国を除き、Wifi環境が整っていない地域の方が多いので、どう解決すればよいのか悩ましいです…
コロナの対応が上手くいっているタイでも、学校は隔週でオンラインとオフラインの交互。学校に行かないと親の負担が半端ないので、経済や生産性への影響がとんでもなさそう。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア