新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイケル・ポーターの競争戦略論は非常にポリュームのある理論だが、とても素晴らしい教えだと思っている。うちの会社もポーターさんの理論に刺激され、その戦略を忠実に実行しているところだ。特にこの1〜2年はよりポーターさんの戦略を社内の有志で勉強し、現在の私達の戦略に落とし込みながら理解を深めるという活動を続けている。いやー、勉強するほどに奥が深い素晴らしい戦略だと実感する。そんな私達も、真剣にポーター賞を獲得すべく現在申請中。さて、このコロナ禍の難しい時代に私達の戦略はどう評価されるのか、今から楽しみである。
ポーター賞のサイトは、戦略の切り口に行き詰まったときに読み返します。
なかでも、ほぼ日のポーター賞のレポートは好きです。

https://www.porterprize.org/pastwinner/2012/12/01120246.html

ほぼ日のトレードオフ
魅力的なコンテンツをつくることに集中する(が購読料はとらないし、広告枠をつくらない)

代わりに「ほぼ日手帳」を中心に商品に付加価値をつけて販売する。

戦略を読み解くヒントは「何を捨てているか?」
捨てている部分をみると、その企業の戦略の本質が見えてくる。
マイケル・ポーターさんの「Competitive Strategy(競争戦略論)」について、「あれはもう古典で…」という方もみえますが、私は普遍的なものであり、今でも十分に通用すると考えています。

逆に言えば、あの本を読まずして「戦略」という用語を安易に使わないでいただきたい…と思うくらいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
情けないことに、ポーター賞の存在を知りませんでした。
大学でこういった活動がされている子tも興味深いし、企業とは何か、を考える上で、理論だけでなく実践している企業を確認する意味でいい賞だなと思います。
「一橋大学が2001年7月に創設にしたのが「ポーター賞」」