新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
JALとANAともに国際線比率は25%程度なので、航空会社としては、しばらくはこの4分の1の売上が見込めないことになります。

例えば、JALの航空事業の固定費は、約6000億円/年なので、国際線が復活しない限り、単純計算で1500億円/年のロスが積み重なることになります。