新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
余り対した否認事項ではないですが完全に国税から目の敵にされていますよね。

記事によると否認の内容は以下の通り。私見ですが予想も交えて。

・為替差損過大計上 170億円
日本の子会社からドル建てで借り入れた負債について、換算レートを間違って適用
これは何でしょう?換算レートの間違いで170億円も損失が計上されるのは想像つきません。長期の借入で発生時換算法で換算していたが、期末時点で短期債務になってしまい、期末時換算をしなければならないものが出来ていなかった、とかはあり得そうですが、この場合はむしろ為替差損は計上されてないはずなので、内容と少し合わない。

・経費計上否認 140億円
SVFの運営を担う海外子会社への成功報酬についても経費計上を認められず、約140億円の申告漏れを指摘された。
これは記事から察するにCFC税制で海外子会社が合算課税の対象にされたようですね。

SBGは欠損金があるので実際の追徴税額は発生していないとのこと。
【経済】400億円のうち170億円が為替換算のミス、140億円が海外子会社に対する手数料支払いを経費計上していたことによるものとのこと。

ソフトバンクぐらいの大企業になれば為替換算ミスで大規模な差損益が出るのは想像に難くないものの、大規模な差損益が発生するがゆえに為替換算管理も厳格に行われなければならないはずで、社内的にどのようなチェック機能が整備されていたのかが気になる。

海外子会社に対する手数料払いも、連結会計の原則から考えると通常は「売上高消去」に当たるはずだから、なぜ「経費計上できる」と判断したのかが謎。報道では「ミス」のような扱いになってしまっているけど、「ミス」ではなく意図的な処理なのではないかという疑念が残る。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績